「ホンダN-BOX」の牙城を崩せるのか
新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン」の可能性は?

2019.03.28 デイリーコラム

6年ぶりのフルモデルチェンジ

今は日本で新車として売られるクルマの36~38%を軽自動車が占める。背景には小型/普通車の変化がある。海外向けの車種が増えて、国内のニーズから外れ、価格も高くなった。しかも所得は1990年代をピークに減り続け、今でも20年前の水準に戻っていない。だから軽自動車への乗り換えが進んだ。軽自動車の高い人気は、ユーザーの置かれた切実な状況を反映している。

そこで注目されるのが、この3月に発売された約6年ぶりとなる新型「日産デイズ」「三菱eKワゴン」、そして新型車の「三菱eKクロス」だ。従来モデルは開発・生産ともに三菱が担当したが、新型では開発が日産、生産が三菱となる。

気になるのは、新型のデイズとeKシリーズが、「ホンダN-BOX」に対抗できるかだ。N-BOXは国内販売の1位になる人気の軽自動車で、ホンダが国内で売る新車の30%以上を占める。ちなみに、軽のラインナップすべてを合計すると、ホンダの国内販売の約50%に達する。

たくさん売れている以上、N-BOXは優れた商品だが、ここまで売れた背景には、ホンダの小型/普通車の努力不足もある。「フィット」は発売直後のリコールなども影響して売れ行きが伸び悩み、「フリード」もそろそろ新鮮味を失ってきた。

また、もともとホンダには、ひとつの車種が売れると、そこに販売力が注がれて他車の売れ行きが下がるという悪い傾向もある。フィットが売れると「ステップワゴン」が下がり、N-BOXが発売されるとフィットが下がるという具合だ。

それでもホンダの国内販売台数は、トヨタに次いで2位になる。3位はスズキ、4位はダイハツと続き、日産は5位だ。新型デイズと今後発売される次期「デイズルークス」は、5位の立場からはい上がるための重要な車種でもある。

そうなると国内販売の総合1位に君臨するN-BOXを抜かねばならないのだが、「N-BOXを抜く」要素は2つある。ひとつは販売台数(正確には軽自動車は届け出台数)であり、もうひとつは商品力だ。

新型「日産デイズ」
新型「日産デイズ」拡大
新型「三菱eKワゴン」(写真左)と新型車の「eKクロス」(同右)。
新型「三菱eKワゴン」(写真左)と新型車の「eKクロス」(同右)。拡大
ホンダ N-BOX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-ONEオリジナル(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.6 試乗記 往年の名車「N360」に込められたスピリットを受け継ぐ、ホンダの軽「N-ONE」。その新型に試乗した筆者は、これまで軽乗用車に抱いてきたイメージを覆すほどの、モノとしての完成度の高さに驚かされたのだった。
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
ホームへ戻る