第69回:日本人F1ドライバー熱風録
いまだ果たされぬ頂点への夢

2020.02.27 自動車ヒストリー ホンダがF1で初勝利を挙げてから22年、日本で初めてF1が開催されてから11年、ついに、日本からF1世界選手権に挑むドライバーが誕生する。中嶋 悟、鈴木亜久里、片山右京、佐藤琢磨、小林可夢偉ら、日本人F1ドライバーの挑戦の歴史を振り返る。

初の日本人F1ドライバーとなった鮒子田寛

ホンダがF1で初優勝を果たしたのは、1965年のメキシコGPだった。日本では1963年に第1回日本グランプリが開かれたばかりで、モータースポーツへの興味が生まれ始めていた時期である。F1に関する情報はほとんど知られていなかったが、快挙は自動車メディアだけでなく一般マスコミにも取り上げられた。日本の新興自動車メーカーが世界最高峰のレースを制したことは、マイカー時代を迎えようとしていた人々を喜ばせた。

しかし、「日本がF1で勝利を収めた」というには、欠けているものがあった。マシンに乗っていたのは、アメリカ人ドライバーのリッチー・ギンサーだったからだ。日本人による勝利を求める声が上がったのは自然だが、まだ日本には実績のあるレーシングドライバーがいなかった。期待の星となったのは、1966年からイギリスF3に参戦した生沢徹である。1967年に3勝を挙げるなどの活躍を見せるが、ホンダの第1期F1活動は1968年に終了してしまう。

ホンダに次いで2番目のF1コンストラクターとなったのがマキである。自動車メーカーとは関係を持たないプライベートチームで、独自開発したマシンの「F101」で1974年から参戦した。当時は汎用(はんよう)エンジンのコスワースDFV全盛時代で、小規模な体制でもF1に挑戦することができた。全戦にフル出場する義務はなく、マキもスポット参戦である。

1975年には、オランダGPとイギリスGPで鮒子田寛をドライバーに起用する。ただ、残念ながらマシンの完成度は低く、本戦を走ることはできなかった。これより前、1974年に高原敬武がF1ノンタイトル戦のインターナショナル・トロフィーに出場しているが、チャンピオンシップがかかったレースということでは、日本初のF1ドライバーは鮒子田ということになる。

こうしたドライバーやコンストラクターの活動とは別の動きも始まっていた。自動車産業が大きく発展していた日本での、F1開催が模索されていたのである。

1965年のF1メキシコGPにて、1位でチェッカードフラッグを受けるリッチー・ギンサーと「ホンダRA272」。これはホンダにとってもギンサーにとっても、後にF1で黄金期を迎えるグッドイヤーにとっても初の勝利だった。
1965年のF1メキシコGPにて、1位でチェッカードフラッグを受けるリッチー・ギンサーと「ホンダRA272」。これはホンダにとってもギンサーにとっても、後にF1で黄金期を迎えるグッドイヤーにとっても初の勝利だった。拡大
日本グランプリや富士グランチャンピオンレースなどで活躍した生沢 徹。海外でのフォーミュラカーレースでも活躍しており、一時は「日本人初のF1ドライバーになるのでは」と目されていた。
日本グランプリや富士グランチャンピオンレースなどで活躍した生沢 徹。海外でのフォーミュラカーレースでも活躍しており、一時は「日本人初のF1ドライバーになるのでは」と目されていた。拡大
「マキF101」は、レーシングスポーツカーやフォーミュラカーの製作を手がけていた三村健治や小野昌雄らの手になるF1マシンで、独自開発のシャシーにコスワースDFVを搭載していた。1974年のイギリスGP、ドイツGPに参戦するが、予選突破はならなかった。
「マキF101」は、レーシングスポーツカーやフォーミュラカーの製作を手がけていた三村健治や小野昌雄らの手になるF1マシンで、独自開発のシャシーにコスワースDFVを搭載していた。1974年のイギリスGP、ドイツGPに参戦するが、予選突破はならなかった。拡大
2018年に鈴鹿サーキットで行われたヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE」において、往年のモータースポーツで活躍した他の“レジェンドドライバー”と談笑する鮒子田寛(左から2番目)。
2018年に鈴鹿サーキットで行われたヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE」において、往年のモータースポーツで活躍した他の“レジェンドドライバー”と談笑する鮒子田寛(左から2番目)。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事