「348」は欠陥車か!?

しかし、348の欠陥ぶりについて、最も多くの発信を行ったのは私だろう。自らの愛車をしゃぶりつくし、「まっすぐ走らない臨死体験マシン」と断じた私の言葉は一部で独り歩きを始め、348の評価を地に落とした……らしい。ごく一部のマニアックな世界での話ですが。

私は348を5年半愛し抜いて、その改良に全力を注いだが、自分にできることはすべてやったという満足感とともに卒業し、以後348を買うことはなかった。「F355」は2台、「512TR」は3台、そして「328」は合計4台も乗ったが、348はあれっきりである。

その後何度か348に乗る機会はあったが、コーナーストーンズ代表のエノテン(榎本 修氏)から、「これは清水さんの初期型とはまったくの別物です!」と自信を持って推された94年式「348スパイダー」でも、根本的な改良はなされていないという印象だったため、「程度の差はあれ、348は全部欠陥車」という私の確信は、逆に確固たるものになった。

が、実はほんの半月ほど前、その件についてエノテンから、いまさらの猛抗議を受けていたのである。

「清水先生が『348はまっすぐ走らない、全部ダメだ』と言ったのは完全に間違ってます! 後期型はまっすぐ走るんですよ! 訂正と謝罪をお願いします!」

逆に私のほうこそ、まっすぐ走る348があるなら乗ってみたいと思っているのだが、新型フィットのプレス試乗会で、あまりにもタイミングよく348オーナーが目の前に現れた。

彼はH社の社員という、自動車に関して責任ある立場であり、かつ、20代で10台以上のスポーツ車両を乗り継いだカーマニア。これは話を聞かねばなるまい。

プレス試乗会終了後、彼とSNSを通じて密に連絡を取り、聞き出した内容は以下のようなものであった。

筆者は「348tb」を93年に購入し、99年に知人に売却するまで、5年半にわたり生活を共にした。
筆者は「348tb」を93年に購入し、99年に知人に売却するまで、5年半にわたり生活を共にした。拡大
知人に売却してからも何度かかつての愛車に乗る機会はあったが、「『348tb』はまっすぐ走らない」という思いは変わらなかった。
知人に売却してからも何度かかつての愛車に乗る機会はあったが、「『348tb』はまっすぐ走らない」という思いは変わらなかった。拡大
「フィット」のプレス試乗会でタカフミ氏と再会。(写真=池之平昌信)
「フィット」のプレス試乗会でタカフミ氏と再会。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • ホンダNSX(その3) 2016.8.25 画像・写真 新型「ホンダNSX」には、3.5リッターターボエンジンと3基のモーターからなる「スポーツハイブリッドSH-AWD」が採用されている。高いスロットルレスポンスとコーナリング性能を実現するという同システムを、写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る