いよいよ日本で「レベル3」の自動運転が解禁 世界初の採用車がホンダになるって本当?

2020.05.25 デイリーコラム

「レベル3」とこれまでのシステムとの違いとは?

国内で新型コロナウイルス感染症の拡大に緊張が高まっていた2020年4月1日、自動車分野で最も重要な2つの法律が改正された。公道での交通ルールを定めた「道路交通法」と、公道を走行する車両が満たさなくてはならない条件を定めた「道路運送車両法」である。今回の改正で最も注目されるのが、公道上で「レベル3」の自動運転が解禁になったことだ。

レベル3の自動運転と、現在実用化されている「レベル2」のシステムとの最大の違いは何か? それは、ドライバーがシステムの動作状況や周辺環境の監視を常時行う必要がないことである。レベル2の自動運転技術(というか運転支援システム)では、ステアリングやアクセル、ブレーキの操作がすべて自動化されていても、ドライバーが常にシステムの動作状況や周辺の交通環境を監視することが要求されている(参照)。ドライバーがシステムを監視する義務を忘れないように、ステアリングに手を添えることを義務付けているシステムも多い。

これに対し、今回解禁されたレベル3では、“ある条件下”ではドライバーがシステムや周辺状況を監視する義務から開放される。車両が走行中にスマートフォンを操作したり、カーナビゲーションシステムの画面を見続けたりすることが可能になるのだ。これまでの道路交通法は「運転行為をするのは人間」であることを前提にしていたが、改正された道路交通法では新たに「自動運行装置」という概念を導入し、「自動運行装置を使って車両を利用する行為」も運転行為に含めるという画期的な変更が実施された。

2017年の「Honda Meeting」より、「レベル3」の自動運転を披露するホンダのテスト車両。
2017年の「Honda Meeting」より、「レベル3」の自動運転を披露するホンダのテスト車両。拡大
2019年にマイナーチェンジされた「日産スカイラン」。同車に採用された運転支援技術「プロパイロット2.0」では、システム作動中はアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作がすべて“機械任せ”となるが、それでもドライバーには、システムの動作状況や周辺の交通環境の監視が求められた。
2019年にマイナーチェンジされた「日産スカイラン」。同車に採用された運転支援技術「プロパイロット2.0」では、システム作動中はアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作がすべて“機械任せ”となるが、それでもドライバーには、システムの動作状況や周辺の交通環境の監視が求められた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事