第81回:衝撃の日本グランプリ
“スカイライン伝説”を生んだ熱い戦い

2020.08.13 自動車ヒストリー あまたの自動車メーカーがグリッドを飾った、黎明(れいめい)期の日本グランプリ。なかでも血道を上げてレースに臨んだのが、今はなきプリンス自動車だ。その技術力を世に知らしめたポルシェとの戦いを、「スカイラインGT」や「R380」といった名車とともに振り返る。

レースの勝利が売り上げを伸ばす

「グランプリ」とは、国や地域で一番上位のレースを指す言葉だ。日本グランプリはわが国最高峰の自動車レースであり、現在ではF1世界選手権の中の1レースとして開催されている。しかし、始まった時はそうではなかった。1963年、前年にできたばかりの鈴鹿サーキットで開催された戦後初の本格的な四輪レースが、第1回日本グランプリである。ホンダがF1に初参戦するのは翌年であり、当時、多くの人はF1の存在すら知らなかった。それどころか、自動車でレースをするということ自体が目新しかった時代である。

国際スポーツカークラスにはロータスやフェラーリ、ポルシェなどが参加したが、ほとんどはツーリングカーのレースだった。自走してクルマをサーキットに持ち込み、ナンバーを付けたままレースに参加する者も多かったらしい。自動車メーカーもモータースポーツの経験は浅く、手探り状態でのスタートだった。それでも2日間で20万人以上の観客を集め、自動車への関心が高まっていることを示した。

華々しい成績を収めたのはトヨタである。C-II、C-V、C-VIの3クラスで、それぞれ「パブリカ」「コロナ」「クラウン」が優勝したのだ。これを受けてグランプリ優勝キャンペーンを展開し、技術の高さとクルマの優秀さをアピールした。販売成績は向上し、レースの勝利が商品としてのクルマの売れ行きに貢献することが証明される。翌年の第2回グランプリに向け、各メーカーは本気で開発に取り組むことになった。

なかでも、目の色を変えたのはプリンス自動車の開発陣である。航空機メーカーにルーツを持つ彼らは技術に絶対の自信を持っていたが、「スカイライン」と「グロリア」で参戦して惨敗を喫した。市販車そのままでは勝てないということを痛感し、エンジニアたちはレースに向けてクルマを仕立て直すべく努力を重ねていく。

第1回日本グランプリは、戦後の日本で行われた初の本格四輪レースとされている。写真は「日野コンテッサ」や「ルノー・ドーフィン」「DKW1000」などで競われたC-IIIクラスのレースの様子。
第1回日本グランプリは、戦後の日本で行われた初の本格四輪レースとされている。写真は「日野コンテッサ」や「ルノー・ドーフィン」「DKW1000」などで競われたC-IIIクラスのレースの様子。拡大
大型のセダンで競われるC-VIクラスのスタートの様子。第1回日本グランプリではトヨタが強さを見せ、C-VIクラスも多賀弘明の「トヨペット・クラウン」が制している。
大型のセダンで競われるC-VIクラスのスタートの様子。第1回日本グランプリではトヨタが強さを見せ、C-VIクラスも多賀弘明の「トヨペット・クラウン」が制している。拡大
国際スポーツカークラスに出場した「アストンマーティンDB4GTザガート」と「フェラーリ250GT」。
国際スポーツカークラスに出場した「アストンマーティンDB4GTザガート」と「フェラーリ250GT」。拡大
スポーツカーで競われるB-IIクラスを制した日産の「フェアレディ1500」。レース専用に改造した車両を投入した各メーカーに対し、市販モデルをそのまま持ち込んだプリンス勢は、惨敗を喫した。
スポーツカーで競われるB-IIクラスを制した日産の「フェアレディ1500」。レース専用に改造した車両を投入した各メーカーに対し、市販モデルをそのまま持ち込んだプリンス勢は、惨敗を喫した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事