第4回:“レベル3”よりも“車線変更”に驚いた「Honda SENSING Elite」

2021.06.29 カーテク未来招来
ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite
ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite拡大

ホンダが「レジェンド」に採用した先進運転支援システム「Honda SENSING Elite」には、ドライバーの“よそ見”まで容認する「レベル3」の自動運転機能が搭載されている。世界初となる、公の認可を受けた“自動運転システム”を、技術ジャーナリストが試した。

リアに貼られた六角形のステッカーは、このクルマが自動運転機能搭載車であることを、周囲に知らせるためのものだ。
リアに貼られた六角形のステッカーは、このクルマが自動運転機能搭載車であることを、周囲に知らせるためのものだ。拡大
インテリアの意匠は通常の「レジェンド」とほぼ共通。ステアリングに備わるスイッチの機能が一部変更されたほか、状況によって青やオレンジに点灯するイルミネーションが追加された程度だ。
インテリアの意匠は通常の「レジェンド」とほぼ共通。ステアリングに備わるスイッチの機能が一部変更されたほか、状況によって青やオレンジに点灯するイルミネーションが追加された程度だ。拡大
「自動運転レベル3」の状態では、センターディスプレイで映像鑑賞も可能。試乗車には「撮影に使ってください」と、著作権フリーの海洋生物のDVDが載せられていた。
「自動運転レベル3」の状態では、センターディスプレイで映像鑑賞も可能。試乗車には「撮影に使ってください」と、著作権フリーの海洋生物のDVDが載せられていた。拡大
フロントバンパーの左右と、左右リアフェンダーの後方、リアバンパーの中央下部には、レーザーを用いて対象物までの距離や、その形状を測定するLiDAR(ライダー)が装備される。
フロントバンパーの左右と、左右リアフェンダーの後方、リアバンパーの中央下部には、レーザーを用いて対象物までの距離や、その形状を測定するLiDAR(ライダー)が装備される。拡大

渋滞中なら“スマホ運転”可能

2021年3月にホンダの最高級車レジェンドに搭載され、商品化されたHonda SENSING Eliteを、やっと体験することができた。国土交通省は、いわゆる「自動運転レベル3」以上の機能を備えたシステムを「自動運行装置」、つまり自動運転システムと定義しており、レベル2以下のシステムは「運転支援システム」と位置づけている。そして、公な認可を受けた“自動運転システム”が実用化されるのは、これが世界で初めてになる。

Honda SENSING Eliteについての記事はすでにwebCGにも掲載されている(その1その2)が、ここでも簡単におさらいしておこう。今回レジェンドに搭載された自動運転レベル3の機能は「トラフィックジャムパイロット」と名づけられている。高速道路で走行中、渋滞に遭遇すると、一定の条件下でシステムが周辺を監視しながらドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングを操作する自動運転に移行。システムは先行車の速度変化に合わせて車間距離を保ちながら、同一車線内を走行、停車、再発進する。そして最大の特徴は、このトラフィックジャムパイロットの動作中は、ドライバーがナビ画面でテレビやDVDを視聴したり、目的地の検索などといったナビ操作をしたりすることが許される点だ。

これを可能にしたのが、2020年4月に施行された道路交通法の改正である。この改正によって、自動運転システムを作動させているとき、すぐに運転を代われる態勢でいる場合に限っては、ドライバーは「ナビの画面だけでなく、スマホの画面を注視していてもいい」ということになった。ホンダは推奨していないものの、今回のトラフィックジャムパイロットでも、ドライバーが運転席でスマホをいじっていても法律違反にはならないはずだ。ただし、システムから要請があればいつでも運転を代われなくてはならない。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

ホンダ レジェンド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.22 試乗記 新型「ホンダ・ヴェゼル」のトップグレード「e:HEV PLaY」に試乗。個性的なルックスこそ好き嫌いが分かれそうだが、質感が向上した内装や実用性の高さ、EV感覚あふれるハイブリッドシステムなど、進化した2代目は侮れない魅力とポテンシャルを持っていた。
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • 新型ホンダ・シビックEX 2021.6.24 画像・写真 ホンダが2021年秋の発売に先駆けて、11代目「シビック」のハッチバックモデルを世界初公開した。サイズ拡大に伴い、より伸びやかなスタイリングとゆとりある車内空間を獲得し、インテリアの質感向上も図られたという新型の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る