第31回:モテはギャップからと申します

2017.02.28 カーマニア人間国宝への道

プジョー308 VS ランチア・デルタ

「プジョー308アリュール BlueHDi」(1.6ディーゼル)に乗り、これこそいま最も現実的かつ理想的なディーゼルの選択だ! と感じ入った不肖ワタクシだった。

エンジンスペックは120ps/30.6kgm。一方、私の愛車である「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」(同じく1.6ディーゼル)は120ps/31.0kgm。排ガスレベルはユーロ5とユーロ6で差があり、トランスミッションもプジョーがアイシン製6段トルコンATなのに対して、ランチアは6段セレクトロニック(セミAT)と異なるが、エンジン性能はほとんど同じと言っていい。

この2台で制限速度までのヨーイドン加速を行ってみたが、変速速度で差がついただけで、加速力はほぼ同等だった。

しかしまぁ、こういう120psくらいのクルマでの加速対決というのは、本当にホノボノのんびりでいいです。仕事がら、年に一度イベントでスーパーカー同士の加速対決を行うのですが、もはや旧型となった我が宇宙戦艦号「フェラーリ458イタリア」でも、わずか200mくらいのフル加速で150km/hくらい出るので、アマチュアにこんなもん乗せていいのかと思います。富士のストレートエンドで287km/hとか。こんな速度からのフルブレーキング、アマチュアにやらせていいのか! 死ぬぜ! って感じです。つっても実際はクルマがなんとかしてくれるんだけど。今のクルマってホントすごい。

一方、ディーゼル同士の制限速度までの加速対決は、学生時代の「スカイライン(R30)」対「ガゼール」(元愛車)みたいな感じで心が和みます。

「プジョー308アリュール BlueHDi」のエンジンを前に、気合のヘン顔をキメる筆者。(写真=池之平昌信)
「プジョー308アリュール BlueHDi」のエンジンを前に、気合のヘン顔をキメる筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「プジョー308アリュール BlueHDi」と「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」との比較は、「マツダ・デミオ」(1.5ディーゼル)も交えて行ったが、3台の動力性能は僅差だった。(写真=池之平昌信)
「プジョー308アリュール BlueHDi」と「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」との比較は、「マツダ・デミオ」(1.5ディーゼル)も交えて行ったが、3台の動力性能は僅差だった。(写真=池之平昌信)拡大
愛車の「フェラーリ458イタリア」と「ランボルギーニ・ガヤルド スーパーレジェーラ」との加速対決。(写真=池之平昌信)
愛車の「フェラーリ458イタリア」と「ランボルギーニ・ガヤルド スーパーレジェーラ」との加速対決。(写真=池之平昌信)拡大
富士スピードウェイのストレートを287km/hで爆走中の「フェラーリ458イタリア」。
富士スピードウェイのストレートを287km/hで爆走中の「フェラーリ458イタリア」。拡大
愛車の「日産ガゼール」と学生時代の筆者。
愛車の「日産ガゼール」と学生時代の筆者。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

プジョー 308 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • プラグインハイブリッドもラインナップ 新型「プジョー308」がデビュー 2021.3.18 自動車ニュース ステランティスは2021年3月18日、プジョーブランドの基幹車種「308」の新型を発表した。7年半ぶりのフルモデルチェンジとなる3代目には、ガソリン車やディーゼル車に加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • 「C5 X」で久々に復活! シトロエンの上級モデルに宿る前衛の魂 2021.4.26 デイリーコラム シトロエンから久々のラージサルーン「C5 X」が登場! 話題騒然のニューモデルに、どれほどシトロエンらしさは宿っているのか? 間もなく復活するラージセグメントの“ダブルシェブロン”に、「トラクシオン アヴァン」や「DS」「CX」などの面影を探る。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • プジョー308 2021.3.18 画像・写真 プジョーの基幹車種であるハッチバック「308」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型が、2021年3月18日にデビューした。新エンブレムが装着されたエクステリアや直線的なデザインのインテリアを、写真で紹介する。
ホームへ戻る