第31回:モテはギャップからと申します

2017.02.28 カーマニア人間国宝への道

プジョー308 VS ランチア・デルタ

「プジョー308アリュール BlueHDi」(1.6ディーゼル)に乗り、これこそいま最も現実的かつ理想的なディーゼルの選択だ! と感じ入った不肖ワタクシだった。

エンジンスペックは120ps/30.6kgm。一方、私の愛車である「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」(同じく1.6ディーゼル)は120ps/31.0kgm。排ガスレベルはユーロ5とユーロ6で差があり、トランスミッションもプジョーがアイシン製6段トルコンATなのに対して、ランチアは6段セレクトロニック(セミAT)と異なるが、エンジン性能はほとんど同じと言っていい。

この2台で制限速度までのヨーイドン加速を行ってみたが、変速速度で差がついただけで、加速力はほぼ同等だった。

しかしまぁ、こういう120psくらいのクルマでの加速対決というのは、本当にホノボノのんびりでいいです。仕事がら、年に一度イベントでスーパーカー同士の加速対決を行うのですが、もはや旧型となった我が宇宙戦艦号「フェラーリ458イタリア」でも、わずか200mくらいのフル加速で150km/hくらい出るので、アマチュアにこんなもん乗せていいのかと思います。富士のストレートエンドで287km/hとか。こんな速度からのフルブレーキング、アマチュアにやらせていいのか! 死ぬぜ! って感じです。つっても実際はクルマがなんとかしてくれるんだけど。今のクルマってホントすごい。

一方、ディーゼル同士の制限速度までの加速対決は、学生時代の「スカイライン(R30)」対「ガゼール」(元愛車)みたいな感じで心が和みます。

「プジョー308アリュール BlueHDi」のエンジンを前に、気合のヘン顔をキメる筆者。(写真=池之平昌信)
「プジョー308アリュール BlueHDi」のエンジンを前に、気合のヘン顔をキメる筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「プジョー308アリュール BlueHDi」と「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」との比較は、「マツダ・デミオ」(1.5ディーゼル)も交えて行ったが、3台の動力性能は僅差だった。(写真=池之平昌信)
「プジョー308アリュール BlueHDi」と「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」との比較は、「マツダ・デミオ」(1.5ディーゼル)も交えて行ったが、3台の動力性能は僅差だった。(写真=池之平昌信)拡大
愛車の「フェラーリ458イタリア」と「ランボルギーニ・ガヤルド スーパーレジェーラ」との加速対決。(写真=池之平昌信)
愛車の「フェラーリ458イタリア」と「ランボルギーニ・ガヤルド スーパーレジェーラ」との加速対決。(写真=池之平昌信)拡大
富士スピードウェイのストレートを287km/hで爆走中の「フェラーリ458イタリア」。
富士スピードウェイのストレートを287km/hで爆走中の「フェラーリ458イタリア」。拡大
愛車の「日産ガゼール」と学生時代の筆者。
愛車の「日産ガゼール」と学生時代の筆者。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • アウディQ8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.16 試乗記 アウディのSUVファミリーに、新たなフラッグシップモデル「Q8」が登場。大きくてスタイリッシュな“SUVクーペ”は、カッコだけの高級車なのか、それとも……? その走りっぷりをチェックした。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
ホームへ戻る