第62回:シャイなF1ヒーロー ジム・クラーク
歴史に名を刻む 希代の天才の栄光と死

2019.11.14 自動車ヒストリー 1960年代のF1において、驚異的なドライビングスキルと温厚な人柄で敬愛されたスコットランドの英雄、ジム・クラーク。スターリング・モスに憧れ、コーリン・チャップマンに見いだされた希代の天才の生涯と、死と隣り合わせだったフォーミュラの歴史を振り返る。

草創期の立役者はアルゼンチン人

2019年のF1ドライバーズタイトルは、メルセデス・ベンツが擁するルイス・ハミルトンのものとなった。3年連続、通算6回目のタイトル獲得である。今のところ、F1ドライバーの最多タイトルはミハエル・シューマッハーの7回だが、それに迫る記録だ。

彼らを含め、1950年にスタートしたF1世界選手権は、これまでに33人のワールドチャンピオンを生み出している。中でも草創期のヒーローと呼べるのが、ファン・マヌエル・ファンジオだ。イタリア移民の血を引くアルゼンチン人で、当初は国内の山岳レースや超長距離レースで活躍していた。第2次大戦後にフランスに渡り、1949年のグランプリレースではマセラティで好成績を残す。

翌年に始まったF1ではアルファ・ロメオのドライバーとなり、最強マシン「ティーポ158」で速さを見せた。当時のレギュレーションでは自然吸気エンジンが4.5リッター以下、過給器付きエンジンが1.5リッター以下の排気量となっており、アルファ・ロメオはスーパーチャージャー付き1.5リッターエンジンを搭載していた。チームにはファンジオのほかにジュゼッペ・ファリーナ、ルイジ・ファジオーリがおり、「3F」と呼ばれた彼らは他を寄せ付けぬ走りでトップ争いを展開。ファンジオは3勝したものの、初代チャンピオンの座はファリーナのものになった。

1951年はフェラーリが躍進。イギリスGPでアルファ・ロメオに勝利したエンツォ・フェラーリは、「私は母を殺してしまった」という有名なセリフを残している。タイトル争いはアルファ・ロメオのファンジオとフェラーリのアルベルト・アスカリの対決になり、ファンジオが勝利。彼は1954年からマセラティ、メルセデス、フェラーリを渡り歩いて4連覇を果たし、1958年に47歳でF1を引退した。

1954年のオランダGPにて、優勝を喜ぶファン・マヌエル・ファンジオ(1911-1995)。
1954年のオランダGPにて、優勝を喜ぶファン・マヌエル・ファンジオ(1911-1995)。拡大
1951年のタイトル争いは最終戦スペインGPまでもつれ込んだが、ファンジオは見事に優勝し、自身初のドライバーズタイトルを獲得した。
1951年のタイトル争いは最終戦スペインGPまでもつれ込んだが、ファンジオは見事に優勝し、自身初のドライバーズタイトルを獲得した。拡大
ファンジオはアルファ・ロメオ、マセラティ、メルセデス、フェラーリ、再びマセラティと、さまざまなチームを渡り歩いた。写真は1955年のタイトル獲得を決めた、最終戦イタリアGPのもの。
ファンジオはアルファ・ロメオ、マセラティ、メルセデス、フェラーリ、再びマセラティと、さまざまなチームを渡り歩いた。写真は1955年のタイトル獲得を決めた、最終戦イタリアGPのもの。拡大
5度目のタイトルを決めた1957年のドイツGPにて「マセラティ250F」を駆るファンジオ。彼の最後のタイトルは、“古巣”マセラティでの獲得となった。
5度目のタイトルを決めた1957年のドイツGPにて「マセラティ250F」を駆るファンジオ。彼の最後のタイトルは、“古巣”マセラティでの獲得となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事