第73回:“夢のエコカー”FCV開発の歴史
模索が続く石油依存からの脱却

2020.04.23 自動車ヒストリー 走行中に二酸化炭素を出さないことから、“未来のクルマ”の本命として研究開発が続けられてきた燃料電池車(FCV=Fuel Cell Vehicle)。その実用化と普及を阻む課題とは? 社会的な見地における電気自動車との違いとは? 水素社会の実現とも密接にからむ、FCV開発の歴史を振り返る。

ハイブリッドで先行した日本メーカー

「21世紀に間に合いました。」というキャッチコピーで「トヨタ・プリウス」が登場したのは、1997年である。世界初の量産型ハイブリッド車(HV=Hybrid Vehicle)で、当時としては驚異的な28.0km/リッター(10・15モード)という低燃費は、自動車業界に衝撃を与えた。1999年にはホンダが「インサイト」を発売し、日本はハイブリッドカーの技術で世界をリードする存在となる。

一方で、後れを取る形となった欧米の自動車メーカーは、ハイブリッドに冷ややかな態度だった。内燃機関とモーターを組み合わせる複雑な機構は効率が悪く、主流とはならないと主張したのである。長距離を巡航することが多いヨーロッパではディーゼルエンジンが有利とされ、高速走行ではアドバンテージを生かせないHVには関心が低かった。実際のところプリウスの販売台数はさほど伸びず、インサイトはさらに厳しい状況だった。

風向きが変わったのは、2代目プリウスが爆発的なヒットになってからである。アメリカでは環境意識の高いハリウッド俳優が競って購入し、ブランドイメージは急上昇した。今ではHVは特別な存在ではなくなり、懐疑的だった欧米メーカーもさまざまなモデルを発売している。

欧米メーカーがハイブリッドを“つなぎの技術”だとみなしたのは、本命といわれる次世代車が想定されていたからだ。それがFCVである。水素を動力源とし、走行中には一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物などの有害物質を排出しない。温暖化ガスの二酸化炭素さえもゼロで、“究極のエコカー”と呼ばれた。21世紀に入った頃からFCVへの期待はふくらみ、開発競争が激しくなる。中には「2010年には量産化する」と宣言するメーカーも現れた。

結果としては、FCVでも日本の自動車メーカーが先駆けることになった。2002年、ホンダが「FCX」、トヨタが「FCHV」を発表したのだ。

世界初の量産ハイブリッド乗用車として1997年10月に発売された初代「トヨタ・プリウス」。エンジンを走行と発電の両方に用いる、シリーズ・パラレル方式のシステムが採用された。
世界初の量産ハイブリッド乗用車として1997年10月に発売された初代「トヨタ・プリウス」。エンジンを走行と発電の両方に用いる、シリーズ・パラレル方式のシステムが採用された。拡大
トヨタ式ハイブリッドシステムのポイントは、エンジンとモーター、発電機の間で出入力をコントロールする、動力分割機構の採用にあった。
トヨタ式ハイブリッドシステムのポイントは、エンジンとモーター、発電機の間で出入力をコントロールする、動力分割機構の採用にあった。拡大
2003年に登場した2代目「プリウス」は、空気抵抗を抑えるべく、Bピラー付近が最も高くなるユニークなルーフラインを採用。この車体形状は、今日のプリウスにも受け継がれている。
2003年に登場した2代目「プリウス」は、空気抵抗を抑えるべく、Bピラー付近が最も高くなるユニークなルーフラインを採用。この車体形状は、今日のプリウスにも受け継がれている。拡大
欧州の自動車メーカーは動力源としての水素の利用に積極的に取り組んでいた。写真は燃料電池を搭載したメルセデス・ベンツのバス「NEBUS O405N」。(1997年)
欧州の自動車メーカーは動力源としての水素の利用に積極的に取り組んでいた。写真は燃料電池を搭載したメルセデス・ベンツのバス「NEBUS O405N」。(1997年)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事