日本メーカーが200PS級のマシンを続々と正規販売! 今日に至る“バイク規制”の歴史を振り返る

2020.06.08 デイリーコラム

日本製なのに日本では買えなかった?

ヤマハのスーパースポーツ「YZF-R1/R1M」にビッグマイナーチェンジが施された。これを受けて、2020年8月20日から国内仕様の正規販売が復活するとのことで、そのパフォーマンスに注目が集まっている。

というのも、ここで“正規販売”が“復活”と書いたことからも分かる通り、YZF-R1の国内販売はしばらく途絶えていたのだ。そもそも2009~2014年の期間以外は、このバイクは逆輸入車として流通していたのである。

なぜそうなったのか? 国内仕様車と逆輸入車はなにか違うのか? このあたりの事情を軸に、規制の紆余(うよ)曲折を簡単にまとめておきたい。

四輪界と同様、二輪界にもさまざまな規制がある。規制は規制でも、メーカーや日本自動車工業会が主導する自主規制もあれば、国土交通省や環境省が定めた法規制もあり、その縛りが時にきつくなり、時に緩くなりながら推移してきた。四輪でひとつ分かりやすい例を挙げるなら、280馬力を上限とする自主規制の開始と撤廃がそれだ。こうした規制は、海外メーカーの思惑や環境問題の顕在化も絡みながら、日本で販売される製品に影響を及ぼし続けてきた。

2019年の東京モーターショーにおいて、ヤマハブースに展示された「YZF-R1」の2020年モデル。
2019年の東京モーターショーにおいて、ヤマハブースに展示された「YZF-R1」の2020年モデル。拡大
大幅改良を受けた「YZF-R1」は、2019年7月に欧州で発表された。
大幅改良を受けた「YZF-R1」は、2019年7月に欧州で発表された。拡大
200PSの最高出力を発生する997ccの直列4気筒エンジン。その姿はほぼカウルに隠されてしまっているので、この画角でご容赦を。
200PSの最高出力を発生する997ccの直列4気筒エンジン。その姿はほぼカウルに隠されてしまっているので、この画角でご容赦を。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事