第77回:1976年 F1日本上陸
ドラマを生んだ雨の富士スピードウェイ

2020.06.18 自動車ヒストリー 1976年10月、極東の島国・日本でついにF1世界選手権が開かれる。欧州から遠く離れたこの地でF1が開催されるに至った経緯とは? スポット参戦した日本勢はどのような戦いを見せたのか? 雨の富士スピードウェイで行われたシーズン最終戦のドラマを振り返る。

日本からは遠かったF1誕生

F1が始まったのは1950年である。グランプリレースは1906年から行われていたが、それぞれの国や地域で別個に開催されていた。第2次世界大戦が終わると統一の機運が高まり、FIA(国際自動車連盟)によって世界を転戦してチャンピオンを決める選手権シリーズが定められた。“F”とは「規格」を意味する「formula(フォーミュラ)」の頭文字で、F1とはすなわち最上位のカテゴリーを意味する。初年度はシルバーストーンのイギリスGPからモンツァのイタリアGPまで7戦が行われ、アルファ・ロメオのジュゼッペ・ファリーナが初代チャンピオンに輝いた。

ヨーロッパではF1が熱狂的に迎えられたが、当時の日本ではほとんど話題になっていない。この年、朝鮮戦争が始まって自動車メーカーは軍需用トラックの生産で活況を呈する。日本の自動車生産台数は6万7100台で、そのうち乗用車は1683台にすぎなかった。日本人にとって自動車は何よりも実用的な運搬手段であり、レースに関心を持つ余裕はなかったのである。

1962年に鈴鹿サーキットが完成し、翌年には第1回日本グランプリが開催される。日本初の本格的な四輪自動車レースだったが、参加者も観客も手探り状態。普段乗っている市販車をそのままサーキットに持ち込むドライバーもいたほどで、メーカーもレース部門が整備されていなかった。それでも、国際スポーツカーレースに参戦したロータスやフェラーリの走りが観客を魅了する。最新のスポーツカーを目の当たりにし、日本でもモータースポーツへの関心が高まっていった。

1964年にはホンダがF1に参戦。翌年のメキシコGPで初優勝を果たし、ようやく日本でもF1の名が知られるようになっていく。生沢 徹がイギリスF3で好成績を挙げ、F1へのステップアップが期待された。しかしホンダは1968年でF1活動を休止。日本人F1ドライバー誕生の夢は遠のいてしまった。

日本グランプリはプロトタイプレーシングカーのレースとして続けられ、トヨタと日産の対決で盛り上がりを見せた。排ガス問題の影響で1970年の開催が中止になると、今度は富士グランチャンピオンレース(グラチャン)が人気となる。長谷見昌弘、星野一義、高原敬武らの高速バトルが観客を熱狂させた。

1950年の開幕戦となったイギリスGPより、ジュゼッペ・ファリーナの駆る「アルファ・ロメオ158」。
1950年の開幕戦となったイギリスGPより、ジュゼッペ・ファリーナの駆る「アルファ・ロメオ158」。拡大
F1世界選手権で最初のドライバーズチャンピオンとなったジュゼッペ・ファリーナ。アルファ・ロメオの撤退後はフェラーリからF1に参戦した。
F1世界選手権で最初のドライバーズチャンピオンとなったジュゼッペ・ファリーナ。アルファ・ロメオの撤退後はフェラーリからF1に参戦した。拡大
1963年には鈴鹿サーキットで第1回日本グランプリが開催されるが、当時の四輪レースは、運営者もドライバーも“手探り”の状態だった。
1963年には鈴鹿サーキットで第1回日本グランプリが開催されるが、当時の四輪レースは、運営者もドライバーも“手探り”の状態だった。拡大
1964年からF1参戦を開始したホンダ。1965年にはリッチー・ギンサーのドライブで初勝利を挙げるが、1968年いっぱいで参戦を終了した。
1964年からF1参戦を開始したホンダ。1965年にはリッチー・ギンサーのドライブで初勝利を挙げるが、1968年いっぱいで参戦を終了した。拡大
1971年には富士グランチャンピオンレースがスタート。日本の四輪モータースポーツはプロトタイプレーシングカーがけん引し続けた。(写真:FUJI SPEEDWAY)
1971年には富士グランチャンピオンレースがスタート。日本の四輪モータースポーツはプロトタイプレーシングカーがけん引し続けた。(写真:FUJI SPEEDWAY)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事