第86回:美の巨匠ジョルジェット・ジウジアーロ
時代をデザインした早熟の天才

2020.10.21 自動車ヒストリー 自動車のみにとどまらず、さまざまな工業製品のデザインを手がけてきたイタルデザインの創始者、ジョルジェット・ジウジアーロ。初代「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を筆頭に、あまたの傑作を世に送り出してきた天才の足跡をたどる。

ダンテ・ジアコーザに見いだされる

好むと好まざるとにかかわらず、ジョルジェット・ジウジアーロとまったく接点を持たずに暮らすことは困難だ。フォルクスワーゲン・ゴルフや「フィアット・パンダ」に乗っていなくても、日本車にも彼のデザインした製品はたくさんある。クルマだけではなく、バス、トラック、オートバイ、電車、船など、あらゆる乗り物が彼の守備範囲だ。

それどころか、家具や家電製品、楽器や時計もつくっている。メンズファッションのブランドを立ち上げたこともあった。新しいマカロニをデザインし、人工骨の形状についてアドバイス。要するに、ジウジアーロは世の中に存在するありとあらゆる工業製品に関わりを持っているのである。

ジウジアーロ家は、北イタリアのガレッシオという小さな町で、代々フレスコ画の制作を家業としていた。父も祖父も、教会や宮殿の装飾を手がけている。ジウジアーロは1938年に生まれ、美しいものに囲まれて育った。ちなみに、彼のファーストネームであるジョルジェットは、本来はジョルジュという名前の愛称である。しかし、彼の場合は役場に届け出た正式な名前がジョルジェットなのだ。家族から愛情を注がれていたことがよくわかる。

幼い頃から絵を描くことが好きで、教会のドームに天使の絵を描いたこともある。ある日、遊びに来ていた祖父の友人が、彼の才能を見抜いてトリノに連れて行くように進言した。芸術と文化に触れることで感覚を養えるよう、環境を整えるわけだ。ジウジアーロはトリノで中学に通い、卒業すると美術学校に進む。卒業制作で彼が描いたのは、自動車を扱ったカリカチュアである。学生たちの展覧会に訪れてこの作品を見たのが、ダンテ・ジアコーザだった。彼はジウジアーロにフィアット・スタイリング・センターに来るように勧めた。

ジョルジェット・ジウジアーロ(1938-)
ジョルジェット・ジウジアーロ(1938-)拡大
イタリアのトリノに位置するイタルデザインの本社。過去に100以上のショーカー、300以上の量産モデルのデザインを手がけてきた、世界的なデザイン会社である。
イタリアのトリノに位置するイタルデザインの本社。過去に100以上のショーカー、300以上の量産モデルのデザインを手がけてきた、世界的なデザイン会社である。拡大
自動車以外にもさまざまな製品のデザインを手がけてきたジウジアーロ。日本ではニコンのカメラなどが有名で、特に2007年に発売された「ニコンD3」は、2009年に世界的な工業製品デザイン賞「iFプロダクトデザイン賞」を受賞している。
自動車以外にもさまざまな製品のデザインを手がけてきたジウジアーロ。日本ではニコンのカメラなどが有名で、特に2007年に発売された「ニコンD3」は、2009年に世界的な工業製品デザイン賞「iFプロダクトデザイン賞」を受賞している。拡大
ダンテ・ジアコーザは長年にわたりフィアットの商品開発を主導してきた希代のエンジニアであり、数々の大衆車を世に送り出した。
ダンテ・ジアコーザは長年にわたりフィアットの商品開発を主導してきた希代のエンジニアであり、数々の大衆車を世に送り出した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事