第88回:F1戦国時代の熱狂
ホンダの世界制覇と“セナ・プロ対決”

2020.11.18 自動車ヒストリー 日本でも多くのファンをとりこにした、1980年代から1990年代のF1。四天王が覇を唱え、セナとプロストが競い合ったその時代に、“もう一人の主役”として活躍したのが、圧倒的な強さのホンダエンジンだった。あまたのドラマが生まれたF1熱狂の時代を振り返る。

1987年のF1ブーム

ホンダはF1世界選手権への参戦を2021年シーズンで終了すると発表した。2015年からマクラーレン、2018年からはスクーデリア・トロロッソ(現スクーデリア・アルファタウリ)、2019年からレッドブル・レーシングにパワーユニットを供給し、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンもこれまでに2勝を挙げている。期待が高まっていた中での決定だった。

ホンダは1964年にフルワークス体制でF1に初参戦。自動車製造を始めたばかりのメーカーが世界最高峰の自動車レースに挑むのは無謀だと言われたが、1965年のメキシコGPで初優勝を果たす。しかし、この快挙は日本ではあまり大きなニュースにはならなかった。F1の価値を知っていたのは、一部のレースマニアだけだったのである。1950年のシルバーストーンサーキットで始まった由緒あるシリーズも、自動車の文化が根づいていなかった日本の人々にとっては遠い話だった。

しかし、1987年に突然状況が変わる。自動車にそれほど関心を持たない層にまでF1の名は知れ渡り、女性ファンが急増したのだ。立役者となったのがアイルトン・セナである。この年から、鈴鹿サーキットで行われる日本GPがF1カレンダーに加えられた。1976年と77年に富士スピードウェイでF1選手権が開催されて以来、10年ぶりのことである。ホンダは1983年からエンジンサプライヤーとして復帰。ホンダエンジンの性能は次第に向上し、1987年にはウィリアムズとロータスの2チームにエンジンを供給していた。

チーム・ロータスには、日本人初のレギュラードライバーとなる中嶋 悟が加入した。日本のエンジンに日本人のドライバーということで、一般マスコミにも大きく取り上げられる。彼のチームメイトが、ブラジル人のアイルトン・セナだった。天才的なドライビングテクニックを持つだけでなく、哀愁をたたえたルックスの彼は、またたく間に高い人気を得たのだ。

エンジンサプライヤーとして、2015年に4度目のF1参入を果たしたホンダだが、このほど2021年をもって活動を終了すると発表した。
エンジンサプライヤーとして、2015年に4度目のF1参入を果たしたホンダだが、このほど2021年をもって活動を終了すると発表した。拡大
1965年のメキシコGPでホンダにF1初勝利をもたらしたリッチー・ギンサーと、彼の駆った「ホンダRA272」。
1965年のメキシコGPでホンダにF1初勝利をもたらしたリッチー・ギンサーと、彼の駆った「ホンダRA272」。拡大
ホンダは1983年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰。1987年にはウィリアムズとロータスにエンジンを供給した。写真は同年の日本GPを走る、ナイジェル・マンセルの「ウィリアムズFW11B」。
ホンダは1983年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰。1987年にはウィリアムズとロータスにエンジンを供給した。写真は同年の日本GPを走る、ナイジェル・マンセルの「ウィリアムズFW11B」。拡大
アイルトン・セナ(1960-1994)
アイルトン・セナ(1960-1994)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事