クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第88回:F1戦国時代の熱狂
ホンダの世界制覇と“セナ・プロ対決”

2020.11.18 自動車ヒストリー 日本でも多くのファンをとりこにした、1980年代から1990年代のF1。四天王が覇を唱え、セナとプロストが競い合ったその時代に、“もう一人の主役”として活躍したのが、圧倒的な強さのホンダエンジンだった。あまたのドラマが生まれたF1熱狂の時代を振り返る。

1987年のF1ブーム

ホンダはF1世界選手権への参戦を2021年シーズンで終了すると発表した。2015年からマクラーレン、2018年からはスクーデリア・トロロッソ(現スクーデリア・アルファタウリ)、2019年からレッドブル・レーシングにパワーユニットを供給し、2019年シーズンは3勝、2020年シーズンもこれまでに2勝を挙げている。期待が高まっていた中での決定だった。

ホンダは1964年にフルワークス体制でF1に初参戦。自動車製造を始めたばかりのメーカーが世界最高峰の自動車レースに挑むのは無謀だと言われたが、1965年のメキシコGPで初優勝を果たす。しかし、この快挙は日本ではあまり大きなニュースにはならなかった。F1の価値を知っていたのは、一部のレースマニアだけだったのである。1950年のシルバーストーンサーキットで始まった由緒あるシリーズも、自動車の文化が根づいていなかった日本の人々にとっては遠い話だった。

しかし、1987年に突然状況が変わる。自動車にそれほど関心を持たない層にまでF1の名は知れ渡り、女性ファンが急増したのだ。立役者となったのがアイルトン・セナである。この年から、鈴鹿サーキットで行われる日本GPがF1カレンダーに加えられた。1976年と77年に富士スピードウェイでF1選手権が開催されて以来、10年ぶりのことである。ホンダは1983年からエンジンサプライヤーとして復帰。ホンダエンジンの性能は次第に向上し、1987年にはウィリアムズとロータスの2チームにエンジンを供給していた。

チーム・ロータスには、日本人初のレギュラードライバーとなる中嶋 悟が加入した。日本のエンジンに日本人のドライバーということで、一般マスコミにも大きく取り上げられる。彼のチームメイトが、ブラジル人のアイルトン・セナだった。天才的なドライビングテクニックを持つだけでなく、哀愁をたたえたルックスの彼は、またたく間に高い人気を得たのだ。

エンジンサプライヤーとして、2015年に4度目のF1参入を果たしたホンダだが、このほど2021年をもって活動を終了すると発表した。
エンジンサプライヤーとして、2015年に4度目のF1参入を果たしたホンダだが、このほど2021年をもって活動を終了すると発表した。拡大
1965年のメキシコGPでホンダにF1初勝利をもたらしたリッチー・ギンサーと、彼の駆った「ホンダRA272」。
1965年のメキシコGPでホンダにF1初勝利をもたらしたリッチー・ギンサーと、彼の駆った「ホンダRA272」。拡大
ホンダは1983年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰。1987年にはウィリアムズとロータスにエンジンを供給した。写真は同年の日本GPを走る、ナイジェル・マンセルの「ウィリアムズFW11B」。
ホンダは1983年にエンジンサプライヤーとしてF1に復帰。1987年にはウィリアムズとロータスにエンジンを供給した。写真は同年の日本GPを走る、ナイジェル・マンセルの「ウィリアムズFW11B」。拡大
アイルトン・セナ(1960-1994)
アイルトン・セナ(1960-1994)拡大

16戦中15勝の圧倒的な成績

F1ブームを後押ししたのは、テレビでの中継だった。深夜の録画放送ではあったが、フジテレビ系で全戦が放映されたのである。当時レース中継を担当していた古舘伊知郎がセナを“音速の貴公子”と呼び、その名は広く浸透した。

時はあたかもバブル景気のまっただ中。ジャパンマネーはF1をも席巻し、日本企業のロゴマークがマシンのボディーにおどっていた。不動産会社がまるごとチームを買収した例さえあったのだ。バブルの気分は華やかなF1の世界とマッチし、オシャレなイメージを発散していた。

ホンダのターボエンジンは、圧倒的な戦闘力を誇っていた。高速サーキットのシルバーストーンで行われたイギリスGPでは、1位から4位までをホンダエンジンを搭載したマシンが独占。ウィリアムズ・ホンダにはナイジェル・マンセルとネルソン・ピケという傑出した力を持つドライバーがいて、マシンの力をフルに引き出していた。ホンダ勢に対抗できたのは、マクラーレン・ポルシェに乗るアラン・プロストだけだった。

この年はネルソン・ピケがチャンピオンとなり、ウィリアムズ・ホンダがコンストラクターズタイトルを手にした。しかし、ウィリアムズとホンダの契約は終了し、翌1988年からホンダはマクラーレンにエンジンを供給する。そして、セナはロータスを離れてマクラーレンに移籍することになった。最強のエンジンと最強のドライバー2人を獲得したマクラーレンは無敵の強さを誇り、シリーズ16戦中15勝という圧倒的な成績を残したのだ。

1987年の日本GPの様子。同年よりフジテレビは地上波でのF1世界選手権の放映を開始した。
1987年の日本GPの様子。同年よりフジテレビは地上波でのF1世界選手権の放映を開始した。拡大
1987年のイギリスGPは、1位マンセル(ウィリアムズ)、2位ピケ(ウィリアムズ)、3位セナ(ロータス)と、表彰台をホンダエンジンのマシンが独占。4位にも、やはりホンダエンジンを積むロータスの中嶋 悟が入っている。
1987年のイギリスGPは、1位マンセル(ウィリアムズ)、2位ピケ(ウィリアムズ)、3位セナ(ロータス)と、表彰台をホンダエンジンのマシンが独占。4位にも、やはりホンダエンジンを積むロータスの中嶋 悟が入っている。拡大
1987年はネルソン・ピケがドライバーズタイトルを獲得。当時、プロスト、ピケ、マンセル、セナはF1の四天王、あるいは4強と呼ばれていた。
1987年はネルソン・ピケがドライバーズタイトルを獲得。当時、プロスト、ピケ、マンセル、セナはF1の四天王、あるいは4強と呼ばれていた。拡大
1988年は16戦中15勝とマクラーレンが他を圧倒。アイルトン・セナがドライバーズチャンピオンに輝いた。
1988年は16戦中15勝とマクラーレンが他を圧倒。アイルトン・セナがドライバーズチャンピオンに輝いた。拡大

鈴鹿を舞台にした“セナ・プロ”の接触劇

しかし、“プロフェッサー”の異名を持つプロストと天才肌のセナが並び立つのは難しかった。チームはエースドライバーを決めずに“ジョイントナンバーワン”という体制をとったが、両者とも自分が優先されるべきだと考えていたのだ。ふたりのバトルが毎回のように繰り広げられ、チーム戦略を築くことができていなかった。第13戦のポルトガルGPでは互いに幅寄せをするという明らかな妨害行為があり、対立は決定的なものとなる。

1989年、ふたりの確執はさらにヒートアップ。第2戦のサンマリノGPでセナがプロストをオーバーテイクしたことが、大きな問題となった。“スタート直後のコーナーまでは互いに勝負しない”という取り決めがあったが、その解釈がふたりで異なっていたのだ。セナが謝罪する形でいったんは和解するが、不協和音はおさまらなかった。シーズン途中でプロストはフェラーリへの移籍を発表する。

日本GPを控え、プロストは獲得ポイントでセナに対して16点リードしていた。逆転するためには、セナは鈴鹿と最終戦のオーストラリアGPで勝つしかない。予選では1.7秒の差をつけてセナがポールポジションを獲得するが、スタートでプロストが先行する。

そして47周目、シケインでセナがプロストのインを突くとプロストと接触。2台はコースアウトしてしまう。両者リタイアならばタイトルが決まるプロストはマシンを降りたが、セナは諦めずにレースを再開し、トップでチェッカーを受けた。しかし、コース復帰時にシケインを通過しなかったというレギュレーション違反により、彼は失格を宣告される。

3.5リッター自然吸気へとエンジンの規定が変更されても、マクラーレンとホンダの好調は続いた。新規定の初年度となる1989年には、セナ(写真)が6勝、プロストが4勝を挙げ、マクラーレンは2位に倍近い点差をつけてコンストラクターズタイトルに輝いている。
3.5リッター自然吸気へとエンジンの規定が変更されても、マクラーレンとホンダの好調は続いた。新規定の初年度となる1989年には、セナ(写真)が6勝、プロストが4勝を挙げ、マクラーレンは2位に倍近い点差をつけてコンストラクターズタイトルに輝いている。拡大
1989年の日本GPにて接戦を繰り広げるセナとプロスト。両者の戦いは接触によりプロストがリタイア、セナが失格という後味の悪いものとなった。
1989年の日本GPにて接戦を繰り広げるセナとプロスト。両者の戦いは接触によりプロストがリタイア、セナが失格という後味の悪いものとなった。拡大
マクラーレンでの待遇に不満を持ったプロストは、1990年にフェラーリに移籍してしまう。写真は同年のフランスGPの表彰台の様子。上段で帽子を振るのがプロスト。その左で(写真向かって右)帽子をかぶりなおしているのが、セナである。
マクラーレンでの待遇に不満を持ったプロストは、1990年にフェラーリに移籍してしまう。写真は同年のフランスGPの表彰台の様子。上段で帽子を振るのがプロスト。その左で(写真向かって右)帽子をかぶりなおしているのが、セナである。拡大

サンマリノGPの悲劇

1990年も、やはりセナ・プロ対決が続いた。セナがドライバーズポイントを9点リードして日本GPを迎え、今度は両者リタイアでセナのチャンピオンが決まる状況だった。前年の因縁を抱えたふたりがどんな戦いをするのか注目されたが、決着はあっけなかった。スタート直後のコーナーで2台が接触し、レースを終えたのである。セナは後にこの接触が故意だったことを認めている。

1993年にウィリアムズに戻ったプロストは、4回目のタイトルを獲得して引退した。翌年はセナがウィリアムズに移籍したが、第3戦のサンマリノGPで悲劇が起きる。高速コーナーでクラッシュし、帰らぬ人となったのだ。ホンダはすでにF1から撤退していたが、かつてのチームメイトを悼んで本社のショールームにはセナのマシンとヘルメットが展示された。

ホンダは2000年にF1に復帰し、2006年からはワークス体制となった。トヨタも2002年からF1に参戦し、日本の大メーカーが最高峰の舞台で覇を競うことになったのだ。しかし、両チームともめざましい成績を残すことができないまま、リーマンショックから始まる不況の波に飲まれる形で撤退してしまう。

ホンダはF1への参戦と撤退を繰り返してきた。2015年からの第4期はパワーユニットサプライヤーとしての挑戦だったが、7年で幕を下ろすことになる。「2050年カーボンニュートラルの実現」への取り組みを最優先することが撤退の理由だという。F1を取り巻く環境は劇的に変化しているが、セナとプロストが熱い戦いを繰り広げたホンダF1黄金期の記憶が色あせることはない。

(文=webCG/写真=フェラーリ、本田技研工業、モビリティランド、Newspress、webCG/イラスト=日野浦剛)

1990年、1991年と、アイルトン・セナ(写真左)はF1のドライバーズタイトルを連覇。累計41勝、タイトル獲得3回という戦績を残した。写真は1991年の日本GPのもの。
1990年、1991年と、アイルトン・セナ(写真左)はF1のドライバーズタイトルを連覇。累計41勝、タイトル獲得3回という戦績を残した。写真は1991年の日本GPのもの。拡大
セナの死後、後任を担ったのはデビッド・クルサードだったが、最後の2戦はかつてのライバル、ナイジェル・マンセル(写真)が復帰。セナと同じカーナンバー2の「ウィリアムズFW16」で、日本GPとオーストラリアGPを戦った。
セナの死後、後任を担ったのはデビッド・クルサードだったが、最後の2戦はかつてのライバル、ナイジェル・マンセル(写真)が復帰。セナと同じカーナンバー2の「ウィリアムズFW16」で、日本GPとオーストラリアGPを戦った。拡大
ホンダは2006年からエンジンもシャシーも手がけるフル・コンストラクターとしてF1に参戦。初年度こそコンストラクターズランキング4位と好成績を収めたものの、その後は低迷。2008年をもってF1から撤退した。
ホンダは2006年からエンジンもシャシーも手がけるフル・コンストラクターとしてF1に参戦。初年度こそコンストラクターズランキング4位と好成績を収めたものの、その後は低迷。2008年をもってF1から撤退した。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。