さよなら「エリーゼ」、こんにちは「タイプ131」 新時代へと歩み出したロータスのこれから

2021.02.15 デイリーコラム

四半世紀の歴史に幕が下りる

「ロータス・エリーゼ」を初めて走らせたときの驚きは、忘れられない。1997年だったか1998年だったか、あるいは1999年だったか。そのタイミングについては恥ずかしながら全く覚えていないのだけど、最初にステアリングをひと切りした瞬間のめくるめくヒラリ感、それに続く「どうにでもできるんじゃないか?」という自在感は、鮮烈に覚えている。パワーのみには決して依存せずにできている、操る楽しさ。それはまさしく昔ながらのロータス。一瞬にして心を奪われたものだった。

そのエリーゼが、いよいよ生産終了になる。あわせてエリーゼから発展したハードコア版の「エキシージ」も、エリーゼの基本構造を踏襲しながら“スーパースポーツカー・イーター”としての性格とGTカーとしての性格の両方が与えられた「エヴォーラ」も、すべてがこの2021年に生産が終わるという。

エリーゼは同じベクトルの上をずっと突き進み、相も変わらずライトウェイトスポーツカーとしての切れ味を磨き続けて、今に至る。エキシージは誕生以来、サーキットも堪能したい“甘さ控えめ”なドライバーたちの渇きを癒やし続けてきた。エヴォーラは、台数の面では仮想敵の「ポルシェ911」に水をあけられてきたが、走りの面では「911を超えているんじゃないか?」と思わされるところがあるほどに、進化を遂げている。

それらが一気になくなる。2021年がスタートしてからの、スポーツカーの世界における最初の衝撃的なニュースだ。とても寂しい気持ちがするけれど、まぁ仕方ない。ロータスにとっての転換期が来た、ということなのだろう。

2021年をもっての生産終了がアナウンスされた、ロータスの現行モデル。
2021年をもっての生産終了がアナウンスされた、ロータスの現行モデル。拡大
1995年に登場した初代「エリーゼ」。今日に受け継がれるアルミ製バスタブモノコックシャシーを初めて採用した、ミドシップの軽量スポーツカーだった。
1995年に登場した初代「エリーゼ」。今日に受け継がれるアルミ製バスタブモノコックシャシーを初めて採用した、ミドシップの軽量スポーツカーだった。拡大
初代「エキシージ」は「エリーゼ」のハードコアモデルとして2000年に登場。よりパワフルなエンジンと、クローズドトップを特徴としていた。
初代「エキシージ」は「エリーゼ」のハードコアモデルとして2000年に登場。よりパワフルなエンジンと、クローズドトップを特徴としていた。拡大
軽快な走りと快適性の両立を追求した「エヴォーラ」は、2008年に登場。2+2のシートレイアウトの設定や、ロータス久々となるAT仕様の設定も話題を呼んだ。
軽快な走りと快適性の両立を追求した「エヴォーラ」は、2008年に登場。2+2のシートレイアウトの設定や、ロータス久々となるAT仕様の設定も話題を呼んだ。拡大
ロータス エリーゼ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る