第60回:世界を駆けた六連星
WRCに挑んだ日本メーカーとスバルの栄光

2019.10.17 自動車ヒストリー 公道や、時には荒野でタイムを競い合い、トップドライバーの豪快な走りで観衆を魅了するラリー。この競技は日本メーカーにとって縁の深いものであり、世界ラリー選手権(WRC)のスバル3連覇によって最盛期を迎えた。1957年に始まった挑戦の歴史を振り返る。

圧倒的な知名度を誇ったサファリラリー

1963年の第1回日本グランプリは、自動車レースを一気にメジャーなものにした。サーキットで勝利を得ることが販売促進にもつながることがわかり、各メーカーが本腰を入れてマシンを開発するようになったからだ。ただ、日本の自動車会社がモータースポーツに取り組んだのは、これが初めてではない。最初の舞台はサーキットではなく、広大な大地だった。

1957年、トヨタは「クラウン」をオーストラリアに持ち込んだ。全長1万7000kmの過酷な豪州一周ラリーに出場し、完走する。翌年、今度は日産が「ダットサン210」で同じラリーに参戦。クラス優勝を果たした。耐久性の高さを広くアピールするためには、ラリーで好成績をあげることが効果的であると考えたのだ。

日産は1963年からアフリカのサファリラリーに出場し、1970年に「ブルーバード510」で総合優勝。翌年も「フェアレディ240Z」で連勝を遂げる。日産の活躍は大きな話題となり、『栄光への5000キロ』という映画まで作られた。これを見て、他のメーカーもサファリラリーへの参戦を始める。まずは、三菱が「ランサー」で1974年に優勝。1984年には「トヨタ・セリカ」が初参戦でいきなり優勝し、1986年まで3連覇を果たす。その後もサファリでは日本車が強みを見せ続けた。

サファリラリーは1953年に始まった長い歴史を持つ大会で、ラリー・モンテカルロ、RACラリーとともに世界3大ラリーと呼ばれている。ただ、ヨーロッパで行われている競技と比べると、さまざまな面で異なる特徴があった。コースの中には砂漠地帯が広がり、豪雨に見舞われると一転して泥の中を進まなければならなくなる。野生動物の生息地でもあるため、アニマルガードは必須のパーツだ。

豪州一周ラリーはシドニーをスタートしてオーストラリア大陸を右回りに一周し、メルボルンを目指す走行距離1万7000kmのラリー。1957年大会は、戦後の日本メーカーが初めて体験する海外のモータースポーツイベントとなった。
豪州一周ラリーはシドニーをスタートしてオーストラリア大陸を右回りに一周し、メルボルンを目指す走行距離1万7000kmのラリー。1957年大会は、戦後の日本メーカーが初めて体験する海外のモータースポーツイベントとなった。拡大
参戦8年目の1970年にサファリラリー初優勝を果たした日産。「ブルーバード」「フェアレディZ」「バイオレット」とマシンを替えつつ、優勝を重ね続けた。
参戦8年目の1970年にサファリラリー初優勝を果たした日産。「ブルーバード」「フェアレディZ」「バイオレット」とマシンを替えつつ、優勝を重ね続けた。拡大
トヨタは1983年8月の1000湖ラリーからWRCに「セリカ ツインカムターボ」を投入。サファリラリーでは1984年から1986年まで3連覇を果たした。
トヨタは1983年8月の1000湖ラリーからWRCに「セリカ ツインカムターボ」を投入。サファリラリーでは1984年から1986年まで3連覇を果たした。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事