第76回:軽自動車群雄割拠の時代
“国民車構想”が育んだ日本のミニマルカー

2020.06.04 自動車ヒストリー 人々の生活を支える“足”として、今やなくてはならない存在となった軽自動車。わが国独自のミニマルカーは、どのような発展を遂げてきたのか? 日本にモータリゼーションをもたらした名車「スバル360」の誕生に至る歴史を振り返る。

スクーターと“原付き”から始まった戦後の自動車づくり

「ツウテン」「テルヤン」「クノマック」「ニッケイタロー」「くろがねベビー」……。これらはすべて、1950年代に販売されていた軽自動車の名前である。日本のモータリゼーション前夜、庶民にも手の届きそうなクルマが町の小さな工場で産声をあげ、自動車産業の場で覇を唱えようとする者があちこちに現れ始めていた。

第2次大戦後、焦土となった日本では交通のインフラも壊滅状態だった。二輪、四輪ともに、エンジンで走る乗り物は軍への供出で姿を消してしまっていたのである。進駐軍のジープは走り回っていたが、庶民の移動手段は貧弱だった。あらゆる物資が不足するなか、戦時中に飛行機をつくっていた会社がスクーターの製造を始める。金属部品などの資材や工作機械を持っていたため、それを利用して民生用の製品をつくることができたのだ。旧中島飛行機が「ラビット」を、三菱が「シルバーピジョン」を発売し、手軽な足として人気を得た。

ホンダは旧陸軍の無線機用発電機のエンジンを自転車に取り付け、エンジン駆動で走る二輪車を発売する。“バタバタ”と呼ばれて親しまれ、同様の製品をつくる中小メーカーが次々と現れた。ホンダはエンジンを自社開発するようになり、オートバイメーカーとして成長していく。

一方、四輪自動車の生産はGHQによって禁止されていた。民需用トラックを皮切りに少しずつ規制は解かれていったものの、戦争によって技術の進歩は滞り、生産設備も十分ではなかった。トヨタやダットサンなど、戦前からある自動車会社が生産を始めたトラックはとても高価で、零細業者が買えるような価格ではない。商売に使う運搬器具は、リアカーやサイドカーに頼るほかなかったのである。

1948年になると、小型自動車の規格が制定される。翌年には軽自動車枠が設定されるが、それは全長2.8m、全幅1m、全高2m、排気量は4ストローク150cc、2ストローク100ccというもので、想定されているのは二輪車だけだった。1950年に三輪および四輪の規格が設定され、その翌年に改正された規定が日本の自動車産業の初期設定となった。全長3m、全幅1.3m、全高2m、排気量は4ストローク360cc、2ストローク250ccである。

旧中島飛行機の太田工場と三鷹工場が製造したスクーター「ラビット」。当初のモデルは135ccの単気筒エンジンを搭載し、車輪には双発爆撃機「銀河」の尾輪が流用された。
旧中島飛行機の太田工場と三鷹工場が製造したスクーター「ラビット」。当初のモデルは135ccの単気筒エンジンを搭載し、車輪には双発爆撃機「銀河」の尾輪が流用された。拡大
平和の象徴である“ハト(Pigeon)”という車名を持つ「シルバーピジョン」。米サルスベリー社の「モーターグライド」というモデルをベースに開発された。
平和の象徴である“ハト(Pigeon)”という車名を持つ「シルバーピジョン」。米サルスベリー社の「モーターグライド」というモデルをベースに開発された。拡大
「ホンダA型」補助エンジンを搭載した自転車。当初は無線機用発電機を流用していたホンダだが、在庫の払底に際して自社製エンジンを開発。これが「ホンダ」の名を冠した初めての製品となった。
「ホンダA型」補助エンジンを搭載した自転車。当初は無線機用発電機を流用していたホンダだが、在庫の払底に際して自社製エンジンを開発。これが「ホンダ」の名を冠した初めての製品となった。拡大
1947年製「ダットサン・トラック」(2225型)。戦後にトヨタやダットサンが生産したトラックは、高額なうえに数が限られており、広く普及するには至らなかった。
1947年製「ダットサン・トラック」(2225型)。戦後にトヨタやダットサンが生産したトラックは、高額なうえに数が限られており、広く普及するには至らなかった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事