第83回:キャロル・シェルビーの戦い
生粋のカーガイ 常勝フェラーリを倒す

2020.09.09 自動車ヒストリー レースを愛し、スポーツカーを愛した生粋のカーガイ、キャロル・シェルビー。彼が挑んだのが、当時ルマン24時間レースで常勝を誇っていたフェラーリだった。1966年のルマンに至る経緯と、アメリカンモータースポーツ界に輝くレジェンドの足跡を振り返る。

養鶏業のかたわらレースを始めてF1へ

2015年のデトロイトモーターショーに、予告なしに1台のスポーツカーが現れた。「フォードGT」である。ミドシップの2シータークーペで、600馬力以上のパワーを持つ3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載する。ボディーは軽量化のためにカーボンファイバーとアルミニウムで構成され、ドアは跳ね上げ式を採用した。人々がこの新型車に熱狂したのは、高いスペックを持つスーパーカーだということだけが理由ではない。フォードGTという名前が、アメリカ人のプライドを刺激したのだ。

フォードGTは、1960年代にレースで活躍したレーシングカーをオマージュしたスポーツカーである。一般的には「GT40」という名で親しまれているが、これは車高が40インチ(約1m)しかないことから付けられた愛称だった。このモデルは、1966年にルマン24時間レースで優勝を果たしており、その後も1969年まで表彰台の頂点に立ち続けた。

フォードGTは、一人の偉大なカーガイの名前とともに記憶されている。キャロル・シェルビーだ。シェルビーはテキサス生まれで、ブーツとカウボーイハットがトレードマーク。若い頃からクルマとスピードが好きだったが、家業の養鶏が忙しく、レースには仕事を終えてから出かけなければならなかった。仕事着の青白ストライプのオーバーオールを着たままサーキットに行き、豪快な走りで勝利をおさめる姿が喝采を浴びた。

確かな腕が認められ、シェルビーはF1に挑むことになった。1958年にマセラティ、1959年にアストンマーティンでドライバーを務めたが、結果を残してはいない。彼が真価を発揮したのは、ルマン24時間レースである。1959年の大会に参戦し、アストンマーティンにルマン初優勝をプレゼントしたのだ。このニュースはアメリカにも伝えられ、彼はレース界のヒーローとなる。しかし、1960年になると彼はレーシングドライバーのキャリアに終止符を打った。持病の心臓病が悪化し、ハードなレースに耐えられなくなったのだ。

2015年のデトロイトショーにて、「フォードGT」とフォードのマーク・フィールズCEO(当時)。
2015年のデトロイトショーにて、「フォードGT」とフォードのマーク・フィールズCEO(当時)。拡大
往年のルマンで活躍した「フォードGT40」。1966年から4年連続で総合優勝を果たした。
往年のルマンで活躍した「フォードGT40」。1966年から4年連続で総合優勝を果たした。拡大
キャロル・シェルビー(1923-2012) 
1959年のルマン・ウィナー。レーサー引退後はレーシングカーコンストラクターとして活躍し、フォードにルマン優勝をもたらした。
キャロル・シェルビー(1923-2012) 
	1959年のルマン・ウィナー。レーサー引退後はレーシングカーコンストラクターとして活躍し、フォードにルマン優勝をもたらした。拡大
シェルビーはアストンマーティンから1959年のルマンに出場。「フェラーリ250GT」勢を抑えて見事優勝した。写真はシェルビーのドライブした「アストンマーティンDBR1」。(写真:Newspress)
シェルビーはアストンマーティンから1959年のルマンに出場。「フェラーリ250GT」勢を抑えて見事優勝した。写真はシェルビーのドライブした「アストンマーティンDBR1」。(写真:Newspress)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事