第87回:アルミボディーへの挑戦
レースでの勝利から乗用車の性能向上へ

2020.11.04 自動車ヒストリー 自動車の動力性能や燃費性能に直結する“軽さ”。過去にさまざまな工夫が凝らされてきたが、特にボディーの軽量化に寄与したのがアルミニウムの採用だった。アルミボディーの登場に至る歴史を、新素材へ注目が集まる契機となったレースでの逸話とともに紹介する。

航空機の技術を取り入れたジャガー

2002年に登場した「ジャガーXJ」は衝撃的だった。7代目となり、長らくつくり続けられていたボディーデザインが一新されたことも理由のひとつだが、それだけではない。ホイールベースが165mm延長され、ボディーの外寸がひとまわり以上大きくなったにもかかわらず、重量が増加しなかったことが驚きだったのだ。自動車の安全性や快適性が向上するのは歓迎すべきだが、それにともない、どんどん重量も増加。特に高級車は高い静粛性と豪華な内装を必要とするため、ヘビー級のボディーが当たり前になっていた。

ジャガーXJが使ったマジックは、アルミニウム合金ボディーの採用である。それまでにもアルミボディーのクルマは存在していた。1990年に登場した「ホンダNSX」は、オールアルミモノコックボディーのスーパースポーツである。「アウディA8」は、1994年のデビュー時からASFと呼ばれるアルミ製スペースフレームを採用した。

ジャガーXJが新しかったのは、航空機技術を取り入れたことだ。リベット接着という方法である。溶接ではどうしても熱膨張によるひずみが生じてしまう。リベットならば、その心配はない。

加えて、エポキシ系の接着剤も用いられている。これによって強度が増し、高い工作精度が得られた。スチールと同じようにアルミ板材を扱うことが可能になったのである。モノコックのアルミボディーを量産する技術が確立され、生産が容易になった。ジャガーによれば、ボディーの重量は40%ほど軽減されたという。しかも剛性は60%アップしたというから、いいことずくめだった。

2002年に発表された7代目「ジャガーXJ」。同モデルより、XJにはアルミボディーが用いられている。
2002年に発表された7代目「ジャガーXJ」。同モデルより、XJにはアルミボディーが用いられている。拡大
1990年に発売された「ホンダNSX」には、量産車として世界で初めてアルミボディーが採用された。
1990年に発売された「ホンダNSX」には、量産車として世界で初めてアルミボディーが採用された。拡大
「V8」の後継を担うアウディの旗艦モデルとして登場した「A8」。その車体にはアルミ製スペースフレームが用いられていた。
「V8」の後継を担うアウディの旗艦モデルとして登場した「A8」。その車体にはアルミ製スペースフレームが用いられていた。拡大
4代目「アウディA8」のボディー骨格と、同車の生産ライン(2017年)。今日のA8はさまざまな素材を組み合わせた複合ボディーを採用しているが、素材の多くには、やはりアルミを用いている。
4代目「アウディA8」のボディー骨格と、同車の生産ライン(2017年)。今日のA8はさまざまな素材を組み合わせた複合ボディーを採用しているが、素材の多くには、やはりアルミを用いている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事