第92回:ルマンを席巻したポルシェ
技術者集団の挑戦と栄光

2021.01.20 自動車ヒストリー ルマン24時間レースで最多勝を誇るポルシェ。シュトゥットガルトの技術者集団は、いかなる戦いを経て耐久レースの王者となったのか? 「917」や「936」「956」「962C」といったレーシングカーとともに、サーキットに刻まれたポルシェの足跡をたどる。

創設直後に始まったルマンへの挑戦

新型コロナウイルスの影響で、3カ月遅れの9月に開催された2020年のルマン24時間レースは、TOYOTA GAZOO Racingが優勝。トヨタは3連覇を果たした。2000年代に入ってからはアウディがルマンの覇権を握っていたが、2015年からはポルシェが3連勝。一時は日独自動車メーカーによる三つどもえの戦いが繰り広げられていたが、現在では最上位カテゴリーのLMP1に参戦するメーカー系チームは、トヨタだけとなっている。

ポルシェが2017年シーズンでルマン24時間レースでの活動終了を発表すると、落胆の声が上がった。1923年から始まるルマンの長い歴史を見渡してみると、ポルシェの存在感は圧倒的なものだった。勝利数はアウディの13回を上回る18回で、もちろん歴代1位である。

草創期のルマンで最初に覇権を握ったのはベントレーだった。第1回大会からファクトリーチームの“ベントレー・ボーイズ”が参戦し、4連勝を含む5勝を挙げている。ベントレーが資金難で破綻すると、代わってアルファ・ロメオが台頭。名車の誉れ高い「8C2300」で1931年から4連勝を果たす。第2次大戦による中断後はフェラーリジャガー、メルセデス・ベンツが競い合った。

1960年代に入るとフェラーリの独走状態になったが、1966年に「フォードGT40」が7連勝を阻止。巨額の資金を投じたフォードは破竹の勢いで、王座は揺るぎないものと思われた。しかし、巨象のすぐ後ろには初の栄冠を目指して激しく追い上げる技術者軍団がいた。ポルシェである。

ポルシェのルマンへの挑戦は、1951年に始まる。ポルシェは1948年に創設されたばかりのスポーツカーメーカーだったが、まだ試作車レベルだった「356SL」をサルト・サーキットに持ち込んだ。エントリーされた2台のうち、1台はレース前のトライアルで起きた事故で失われてしまう。単騎で出場することになったのは、1086ccの水平対向4気筒エンジンをリアに積むアルミニウムボディーのマシンである。

最高出力は45馬力にすぎなかったが、軽量を生かして160km/hまで速度を伸ばすことができた。2人のフランス人によってドライブされた356SLは2840.65kmを走り、751~1100ccのクラスで第1位となる。同じクラスに出走していたメルセデス・ベンツを打ち破ったのだ。総合成績でも20位に入っている。

デビュー戦としては上々の成績だったが、技術者たちは満足していなかった。この年の優勝車「ジャガーCタイプ」は3611.193kmを走破している。目標はあくまでも総合優勝なのだ。栄光に向けて、ポルシェの長い戦いが始まった。

常設のサーキットと公道コースをつなげたサルト・サーキットにて行われるルマン24時間レース。初開催は1923年と歴史は古く、世界3大レースのひとつにも数えられる。写真は2020年のもの。
常設のサーキットと公道コースをつなげたサルト・サーキットにて行われるルマン24時間レース。初開催は1923年と歴史は古く、世界3大レースのひとつにも数えられる。写真は2020年のもの。拡大
ポルシェは2014年にルマンのLMP1に参戦すると、2015~2017年にかけて3連覇を達成。現在は活動を休止しているが、2023年にワークス体制でのトップカテゴリー復帰をアナウンスしている。写真は2017年のもの。
ポルシェは2014年にルマンのLMP1に参戦すると、2015~2017年にかけて3連覇を達成。現在は活動を休止しているが、2023年にワークス体制でのトップカテゴリー復帰をアナウンスしている。写真は2017年のもの。拡大
1924年(写真)、1927~1930年と、ルマン黎明(れいめい)期に5度の優勝を果たしたベントレー。フォルクスワーゲングループの傘下となった後、2001年にルマンに復帰し、2003年には実に73年ぶりに表彰台の頂点に立った。
1924年(写真)、1927~1930年と、ルマン黎明(れいめい)期に5度の優勝を果たしたベントレー。フォルクスワーゲングループの傘下となった後、2001年にルマンに復帰し、2003年には実に73年ぶりに表彰台の頂点に立った。拡大
イギリス勢やドイツ勢との競争を経て、ルマンで黄金期を迎えたフェラーリ。1958年(写真)から1964年にかけて、実に7度も優勝している。
イギリス勢やドイツ勢との競争を経て、ルマンで黄金期を迎えたフェラーリ。1958年(写真)から1964年にかけて、実に7度も優勝している。拡大
1948年に自動車メーカーとして歩み出したポルシェは、わずか3年後の1951年にルマンに初挑戦。「356SL」で751~1100ccクラス優勝を果たした。
1948年に自動車メーカーとして歩み出したポルシェは、わずか3年後の1951年にルマンに初挑戦。「356SL」で751~1100ccクラス優勝を果たした。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事