クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第93回:部品の標準化とセルフスターター
キャデラックが先導した“運転の民主化”

2021.02.03 自動車ヒストリー アメリカを代表する高級車ブランドとして、あまたの新技術により自動車の進化を推し進めてきたキャデラック。なかでも大きな功績といえるのが、部品の標準化とセルフスターターの採用だ。“運転の民主化”に寄与した2つの発明を、2人の人物の逸話とともに紹介する。

2大高級車ブランドをつくったリーランド

ゼネラルモーターズ(GM)は2009年の経営危機を克服し、今も世界トップクラスの自動車会社であり続けている。重厚長大な旧型の企業というイメージがあるかもしれないが、GMには数多くの技術革新で自動車業界をリードしてきた歴史があった。1940年にはオールズモビルに世界初の全自動変速機「ハイドラマチック」を搭載しているし、1962年のターボチャージャー装着も、市販のガソリンエンジン車としては初めての試みだ。2021年1月には、2035年までにすべての新車を電気自動車か燃料電池車にするという努力目標を掲げた。今も最先端技術を取り入れることに貪欲なのだ。

数あるGMのブランドの中で、最も多く新技術にチャレンジしてきた歴史を持つのがキャデラックである。量産型V8エンジンやV16エンジン、シンクロメッシュ機構、ダブルウイッシュボーン式前輪独立懸架、パワーステアリング、ヘッドランプの自動調光システム、エアコンディショナーなど、キャデラックが先陣を切って採用した技術は枚挙にいとまがない。トップブランドであるからこそ、高級車として魅力的な装備をまとう必要があった。

キャデラック社はヘンリー・マーティン・リーランドによって、1902年に設立された。その経緯がややこしい。まずは精密工作機械のエンジニアだったリーランドが、ヘンリー・フォード・カンパニーにチーフエンジニアとして迎えられる。前任者のヘンリー・フォードは出資者と対立して会社を辞め、その翌年フォード・モーターを設立した。彼の去ったヘンリー・フォード・カンパニーを改組して誕生したのが、キャデラック・モーター・カンパニーである。キャデラックという社名は、デトロイトを開拓したフランス人貴族の名が由来だ。

1909年になるとキャデラックはGMに買収され、高級車ブランドとして同社のイメージリーダーを担うことになる。リーランド自身は1917年にGMを離れ、新たにリンカーン社を設立して高級車づくりを始めた。それが1922年にフォード傘下に入る。リーランドは、アメリカの2大高級車ブランドを生んだ人物なのだ。

キャデラックはヘンリー・リーランドが1902年に創立した自動車メーカーである。写真は初の市販車「モデルA」。
キャデラックはヘンリー・リーランドが1902年に創立した自動車メーカーである。写真は初の市販車「モデルA」。拡大
1915年型「キャデラック・モデル51」。V型8気筒エンジンを搭載した、世界初の量産モデルである。
1915年型「キャデラック・モデル51」。V型8気筒エンジンを搭載した、世界初の量産モデルである。拡大
ヘンリー・リーランド<1843-1932> 
キャデラックとリンカーンを創立した技術者であり実業家。銃器工場での就労やバリカンの開発などを経て、自動車産業へと足を踏み入れた。
ヘンリー・リーランド<1843-1932> 
	キャデラックとリンカーンを創立した技術者であり実業家。銃器工場での就労やバリカンの開発などを経て、自動車産業へと足を踏み入れた。拡大
リンカーンは1922年にフォードの傘下となる。写真はその調印の様子で、テーブルの後ろにヘンリー・リーランド(右)とヘンリー・フォード(左)が立っている。
リンカーンは1922年にフォードの傘下となる。写真はその調印の様子で、テーブルの後ろにヘンリー・リーランド(右)とヘンリー・フォード(左)が立っている。拡大
キャデラック の中古車

世界で初めて部品の標準化を達成

リーランドは自動車製造に画期的な方法を取り入れた。部品の標準化である。今では当たり前のことだが、当時の自動車は誕生からまだ20年余を経たにすぎず、ほぼ手づくりのような状態だったのだ。一台一台が少しずつ異なっており、汎用(はんよう)部品という発想はなかなか生まれなかった。故障すれば、その部分に合わせた部品をつくって対処するほかなかったのである。これに対し、規格に沿った部品でつくられたキャデラックは、交換品を取り寄せれば即座に修理が可能だった。

1908年、キャデラックはイギリス王立自動車クラブ(RAC)の部品互換性テストを受ける。ロンドンに送られた8台の中から3台が無作為に選ばれ、ブルックランズサーキットで試運転が行われた。その後、3台は721もの部品に解体され、エンジンは開けられてピストンやコンロッドも外される。このうちの89部品はRACが保管。ロンドンから運ばれた代替部品を使って再び3台のキャデラックが組み立てられ、完成した車両はサーキットで再び走行試験にさらされた。この厳しい「スタンダイゼーションテスト」に、キャデラックは世界で初めて合格したメーカーとなった。

この試験で証明された部品の高度な標準化は、自動車の大量生産を可能にし、大衆に普及させるうえでも必須の技術だった。功績が認められ、キャデラックはRACから「デュワートロフィー」を授けられる。その年に自動車技術の進歩に最も大きな貢献をした会社に与えられる賞で、当時は自動車界のノーベル賞とまでいわれる権威のあるものだった。

その後、キャデラックはもう一度デュワートロフィーを獲得している。2度受賞した会社は世界で唯一だ。2度目に受賞した技術も、自動車の発展にとって極めて大きな意味を持つものだった。セルフスターターである。現代からみるとあまりにも普通の装備だが、これは人の命を救う大発明だった。

4ストロークのガソリンエンジンは、<吸入−圧縮−燃焼−排気>という4つの過程を繰り返して動力を取り出す。ピストンの往復運動がクランクシャフトの回転運動に変換され、連続的にガソリンがエネルギーに変えられていくわけだ。ただ、エンジンは自ら回転運動を開始することはできない。このサイクルが始まるためには、まず外部から力が加えられる必要がある。

キャデラックに贈られた1909年のデュワートロフィー。収まっているのはヘンリー・リーランドの息子の、ウィルフレッド・リーランド・ジュニアである。
キャデラックに贈られた1909年のデュワートロフィー。収まっているのはヘンリー・リーランドの息子の、ウィルフレッド・リーランド・ジュニアである。拡大
キャデラックは2度にわたりデュワートロフィーを受賞した唯一のメーカーであり、その2度目はセルフスターターの実用化によるものだった。
キャデラックは2度にわたりデュワートロフィーを受賞した唯一のメーカーであり、その2度目はセルフスターターの実用化によるものだった。拡大
1910年に登場した「キャデラック・モデル30」。同車の1912年モデルに、初めてセルフスターターが装備された。
1910年に登場した「キャデラック・モデル30」。同車の1912年モデルに、初めてセルフスターターが装備された。拡大
「メルセデス8/18HP」(1910-1912年)のエンジン。エンジンを始動するには、外部の力でエンジンを回してやる必要があり、当時はそれを、クランク棒を用いて人力で行っていた。
「メルセデス8/18HP」(1910-1912年)のエンジン。エンジンを始動するには、外部の力でエンジンを回してやる必要があり、当時はそれを、クランク棒を用いて人力で行っていた。拡大

人力で行われていたエンジン始動

かつて、この作業は人力によって行われていた。ボディー前端にエンジンにつながるソケットが設けられていて、そこにクランク棒を差して力を込めて回し、エンジンを始動させたのである。ただ、人の手でクランク棒を回すのは簡単なことではない。ガソリンの燃焼による回転動作と同じことをするのだから、大きな力が必要になる。点火系が弱いとなかなかエンジンが始動せず、コツが求められたという。

ある冬の日、リーランドの友人がキャデラックで立ち往生している女性を見かけた。クランク棒は女性の力では回すのが困難で、見かねた彼は助力を申し出る。この紳士的行為が、悲劇を呼んだ。運悪くクランクが逆回転し、あごの骨を折る大ケガをしてしまったのだ。これがもとで、その男性は亡くなってしまう。リーランドは責任を感じ、自動でエンジンを始動させる方法を開発することを決めた。

この要望に応えたのが、発明家のチャールズ・ケッタリングだった。彼は1910年に新しいエンジン点火装置を開発し、キャデラックに採用された実績があった。それまでの不安定だったマグネトー式に対し、強力なバッテリーから供給される電気の電圧をコイルによって増幅し、強い火花を発生させるイグニッション式点火装置を開発したのだ。彼のつくった点火装置は、マグネトー式よりはるかに高い確実性を持っていた。

チャールズ・ケッタリング<1876-1958>
イグニッション式点火装置やセルフスターターなどを開発した発明家。1947年の引退後も、GMの役員やR&Dの顧問として活躍した。
チャールズ・ケッタリング<1876-1958>
	イグニッション式点火装置やセルフスターターなどを開発した発明家。1947年の引退後も、GMの役員やR&Dの顧問として活躍した。拡大
「メルセデス40HP」のエンジン始動の様子。人力によるエンジン始動は大変な作業であり、バックファイアが発生すると作業者が負傷することもあった。リーランドの友人であるバイロン・カーターも、こうした事故がもとで死亡している。
「メルセデス40HP」のエンジン始動の様子。人力によるエンジン始動は大変な作業であり、バックファイアが発生すると作業者が負傷することもあった。リーランドの友人であるバイロン・カーターも、こうした事故がもとで死亡している。拡大

バッテリーと小型モーターが推し進めた自動車の普及

自動車にかかわる前のケッタリングの発明に、電動式のキャッシュレジスターがある。彼はそこで使用した電動モーターの技術を、エンジンの始動にも生かせるのではないかと考えた。しかし、卓上で使うキャッシュレジスターと自動車のエンジンでは、大きさがまったく違う。大人の男性がようやく回せるクランクなのだから、同じことをさせるにはモーターは巨大なものでなければならないというのが当時の常識だった。しかし、ケッタリングはクランキングに必要なのはごくわずかな時間なので、バッテリーと小型モーターの組み合わせで十分だと考えた。

1911年2月、リーランドはケッタリングのセルフスターターを装備した試作車をテストした。出来栄えを見て実用に耐えうるものだと確信したリーランドは直ちに2000基を発注。翌年の1912年からセルフスターター付きのキャデラックが販売されたのである。

ケッタリングのシステムは現代のものとは異なっていた。24Vのモーターとしてエンジンを始動させた後は6Vのジェネレーターとして働き、バッテリーを充電する仕組みである。電気システムによって自動車をコントロールすることが可能になり、イグニッション式点火装置とヘッドランプも合わせて、近代的な自動車の構造が確立した。

当初セルフスターターは女性向けのオプション装備だったが、その便利さが知れ渡ると瞬く間に広まっていった。1908年の発売から爆発的な売れ行きを示していた「T型フォード」にも、1917年から装備される。大衆車に装備されたことでさらに普及が進み、エンジン始動はケガをしたり命を失ったりする危険な行為ではなくなったのである。

キャデラックは1950年代から60年代にかけて巨大なテールフィンを用いた派手なデザインを採用し、人々から熱狂的な支持を集めた。今も豊かなアメリカを象徴する憧れの高級車であり続けているが、運転を民主化して自動車を大衆のものにした立役者もキャデラックだったのだ。

(文=webCG/イラスト=日野浦剛)

ケッタリングと、彼が発明したセルフスターター。スターターのモーターは、走行中はジェネレーター(発電機)としても機能した。
ケッタリングと、彼が発明したセルフスターター。スターターのモーターは、走行中はジェネレーター(発電機)としても機能した。拡大
1912年型「キャデラック・モデル30」の広告。クランクレバーが備わらないことが高々とうたわれている。
1912年型「キャデラック・モデル30」の広告。クランクレバーが備わらないことが高々とうたわれている。拡大
当初は女性向けのオプションという扱いだったセルフスターターだが、その便利さから急速に普及。簡便さが売りだったはずの「T型フォード」にも装備されるようになった。
当初は女性向けのオプションという扱いだったセルフスターターだが、その便利さから急速に普及。簡便さが売りだったはずの「T型フォード」にも装備されるようになった。拡大
セルフスターターの普及は、自動車を誰でも動かせる便利で身近な乗り物へと変え、多くの人に運転と移動の機会をもたらすことになった。
セルフスターターの普及は、自動車を誰でも動かせる便利で身近な乗り物へと変え、多くの人に運転と移動の機会をもたらすことになった。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

キャデラック の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。