第97回:王道を行くメルセデス・ベンツ
伝統と革新がもたらしたドイツ車の覇権

2021.03.31 自動車ヒストリー 高級車の代名詞ともなっているメルセデス・ベンツを筆頭に、世界的に高い人気を誇るメルセデス、BMW、アウディの3ブランド。ときに“ジャーマン3”とも呼ばれる彼らは、いかにして現在の地位を獲得したのか。メルセデス・ベンツを軸に、その歴史を振り返る。

バブル期の“六本木のカローラ”

1980年代の後半、「BMW 3シリーズ」が“六本木のカローラ”と呼ばれていた時期がある。バブル真っ盛りの日本では、夜の六本木でBMWはベストセラー大衆車の「トヨタ・カローラ」に匹敵するほど多く見かけられていたのだ。決して安い買い物ではなかったが、あぶく銭を懐に忍ばせた客がディーラーに集まった。

当時は“アッシー、メッシー、ミツグ君”という言葉がはやり、クルマでの送迎、豪華なディナーの相手、ブランド品の供給という用途ごとに男をキープしておくことが女性のステータスとされた。ドイツ車を所有しなければ、アッシーにすらなれなかったのだ。BMWに加え、メルセデス・ベンツとアウディが鉄板である。彼らが目を向けていたのは、クルマの性能ではなくブランドイメージだった。

90年代に入ってバブルは崩壊し、浮ついた気分はすっかり消えていくことになる。しかし、ドイツ車はそれからも高い人気を維持し続けた。動機はともあれ、この時期に多くの人が初めてドイツ車に触れ、その優秀性が広く知られることになったからだ。近年では“ジャーマン3”という言葉が定着してきており、自動車のプレミアムブランドの象徴的存在になっている。メルセデス・ベンツ、BMW、アウディは、世界中の自動車メーカーにとって越えるべき高い峰なのだ。「走る、曲がる、止まる」の基本性能に優れ、確固たる設計思想を持ち、先進的なテクノロジーをいち早く取り入れてきた。

ドイツは歴史的に強力な工業国だったが、第2次世界大戦でインフラは壊滅状態になり、戦後はまず復興の作業から始めなければならなかった。自動車産業で世界のリーダーとなったのは、アメリカである。大排気量のV8エンジンを搭載した豪華なクルマが次々と発表され、技術面でもデザイン面でも最先端を走っていた。1950年代のアメリカ車は、世界に冠たる地位を築いていたのだ。

BMWのエントリーモデルとして1975年に登場した「3シリーズ」。日本で人気を博したのは「E30」と呼ばれる2代目で、1982年にデビューした。
BMWのエントリーモデルとして1975年に登場した「3シリーズ」。日本で人気を博したのは「E30」と呼ばれる2代目で、1982年にデビューした。拡大
「3シリーズ(E30)」のインストゥルメントパネルまわり。ドライバー側へ向けられたセンタークラスターが、スポーティーなイメージを醸し出している。
「3シリーズ(E30)」のインストゥルメントパネルまわり。ドライバー側へ向けられたセンタークラスターが、スポーティーなイメージを醸し出している。拡大
「BMW 3シリーズ(E30)」は優れた運動性能が魅力のモデルだったが、バブル期の日本ではステータス性の高さで人気を集めた。
「BMW 3シリーズ(E30)」は優れた運動性能が魅力のモデルだったが、バブル期の日本ではステータス性の高さで人気を集めた。拡大
1950年代に黄金期を迎えたアメリカ車。カーオーディオやオートマチックトランスミッションなど、先進的な装備も積極的に取り入れられた。写真は1953年製「キャデラック・エルドラド」。
1950年代に黄金期を迎えたアメリカ車。カーオーディオやオートマチックトランスミッションなど、先進的な装備も積極的に取り入れられた。写真は1953年製「キャデラック・エルドラド」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事