第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる?

2018.04.10 カーマニア人間国宝への道

カーマニアの言い分

元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビュー絶賛連載中ではあるが、カーマニアの皆さまにも、言いたいことはあるだろう。例えばこんな風な。

「それにしたって、最近の日産車のデザイン、全然良くないよ!」

実を言えば私も、現在国内で売られている日産車の中に、「これはステキだ! 欲しい!」と思えるデザインはひとつもない。

近年発表された日産車の中では、「ジューク」のデザインは非常にユニークで、間違いなく世界に影響を与えた。「シトロエンC3」を見れば、誰でも「これはシトロエン版ジュークじゃないか?」と思うのではないか。まさかシトロエンのデザインが、日産車のフォロワーになろうとは! 考えてみればすごいことである。「アウディQ2」もアウディ版ジュークだと見ている。

が、私個人としては、ジュークのデザインは好みじゃないし、全然欲しいと思わない。グローバルではヒット作だが、日本での売れ行きは、発売直後を除いてあまり良くない。

ぶっちゃけ、ジュークのデザインは、多くの日本人にはエグすぎた(たぶん)。中でもカーマニアは保守的で、伝統的なヨーロピアンデザインを好むので、ああいった斬新すぎるデザインは否定の対象だ。

なにしろ、近年国内市場で台数が出ている日産車といえば、軽を除けば「ノート」と「セレナ」と「エクストレイル」くらい。その3モデルで約7割を占める。ノートもセレナもエクストレイルも、カーマニア的にはステキなデザインには感じないし、その他のモデルも、多くがいまひとつだ。

「日産ジューク」
「日産ジューク」拡大
「シトロエンC3」
「シトロエンC3」拡大
「アウディQ2」
「アウディQ2」拡大
「日産エクストレイル」
「日産エクストレイル」拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る