第96回:ミニクーパーの快進撃
バックヤードから生まれた英国の自動車文化

2021.03.17 自動車ヒストリー 小さなボディーの利を生かし、ラリーやサーキットレースで大活躍した「ミニクーパー」。このクルマを輩出したのは、ジョン・クーパーと彼の営む小さなバックヤードビルダーだった。イギリスの自動車文化が促した、レースカーとスポーツカーの革新を振り返る。

ファンの間で広がっていた誤解

日本は「ミニ」が例外的に多く販売された国である。現在のBMW版も好調だが、1959年にデビューした“クラシックミニ”の人気は目覚ましいものがあった。モデル末期の1990年代になっても毎年1万台近くが輸入されていて、その半分ほどは「クーパー」モデルだったという。高性能版で値段も高かったにもかかわらず、ミニといえばクーパーというのが常識になっていた。その原因のひとつは、ミニというクルマの名がいささか誤って受け取られていたことにある。

ミニは形のかわいらしさから若い女性の人気が高く、好きなクルマを問われて「ミニクーパー!」と答える芸能人も多かった。ファッション性で選ばれた結果、ユーザーのかなりの部分をクルマに詳しくない人々が占めることになった。彼らはクーパーが車名だと勘違いし、ミニクーパーとは“小さなクーパー”という意味だと解釈していたのだ。もちろん事実は反対で、ミニが車名である。アレック・イシゴニスが開発した革命的小型車がミニであり、それをチューニングしてレースやラリーで活躍させた人物こそがジョン・クーパーなのだ。

イギリスにはロールス・ロイス、ジャガーといった高級車を製造する自動車メーカーがあった。一方で、ミニを開発したのは大衆車を得意とするブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)である。オースチンやナッフィールドが合併してできた大企業だ。魅力的な小型車を生産し、イギリスのモータリゼーションを進めるのに大きな役割を果たした。

これらの大メーカーとは別にイギリスの自動車文化を育てたのが、もっと小規模な自動車工場群だった。バックヤードビルダーである。

1994年に、クーパーのF1タイトル獲得35周年を記念して設定された「ミニクーパー グランプリリミテッドエディション」と、ジョン・クーパー。
1994年に、クーパーのF1タイトル獲得35周年を記念して設定された「ミニクーパー グランプリリミテッドエディション」と、ジョン・クーパー。拡大
ジョン・クーパー(1923-2000)
イギリスの自動車エンジニアであり、父のチャールズとともにクーパー・カー・カンパニーを設立。ミドシップのフォーミュラカーにより、レースシーンに革新をもたらした。
ジョン・クーパー(1923-2000)
	イギリスの自動車エンジニアであり、父のチャールズとともにクーパー・カー・カンパニーを設立。ミドシップのフォーミュラカーにより、レースシーンに革新をもたらした。拡大
「ミニ」と同車の設計者であるアレック・イシゴニス。イシゴニスはモータースポーツを共通の趣味とするジョン・クーパーの友人でもあった。
「ミニ」と同車の設計者であるアレック・イシゴニス。イシゴニスはモータースポーツを共通の趣味とするジョン・クーパーの友人でもあった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事