第27回:どれもこれも似たり寄ったり!?

2017.01.31 カーマニア人間国宝への道

フェラーリエンジンの対極

フェラーリの魂はエンジンにある! それは、高回転高出力型の超本気レーシングエンジンが、ベルサイユ宮殿風のエレガンスをまとった、恐るべき陶酔装置である! ベルサイユ宮殿はフランスですねスイマセン。イタリアでいうとえーと、フィレンツェの花の聖母大聖堂とかそんな感じスか? テキトーですが。

ディーゼルエンジンは、そんなフェラーリエンジンの対極に位置する。ガラガラ言うし低回転が得意だし、高回転域はうるさいだけ。「シエンタ」(前自家用車)の1.5ガソリンも回すとうるさいだけだったが、ディーゼル特有の分厚い低速トルクや超高効率な雰囲気は、シエンタでは味わえなかった。つまりクリーンディーゼルは、シエンタの1.5ガソリンよりはるかに優れているのである。

譬(たと)えれば、フェラーリは大女優でディーゼルは敏腕ディレクター。対照的だけど絶対バッティングしないので相性は非常にイイ。女優とプロデューサーの結婚とかもあるじゃないですか。我が家はそれですかねウフフ~。

ところで、敏腕ディレクター的であるところのディーゼルエンジンは、ユニットによる個性が薄いという話の途中だった。

サウンドに関しては、今日本で買えるディーゼルで快音を轟(とどろ)かせるのは「マセラティ・ギブリ ディーゼル」のみで、他は似たり寄ったりだ。唯一の例外は「プジョー308 BlueHDi」か。スポーツモードにするとスピーカーからレーシングエンジンみたいな音が流れます。「サウンドレーサー」ですね。こういう演出、最近は割とアタリマエのものになりつつありますが、ディーゼルでコレをやってるのはこのクルマだけ(たぶん)! あまりのフェイク感に笑っちゃうけど、けっこう楽しいよ。

「フェラーリ458イタリア」のエンジンルーム。
「フェラーリ458イタリア」のエンジンルーム。拡大
「プジョー308 BlueHDi」
「プジョー308 BlueHDi」拡大

「プジョー308 BlueHDi」のエンジンルームと筆者。(写真=池之平昌信)


	「プジョー308 BlueHDi」のエンジンルームと筆者。(写真=池之平昌信)
	拡大
「プジョー308 BlueHDi」の“やる気”スイッチ。(写真=池之平昌信)
「プジョー308 BlueHDi」の“やる気”スイッチ。(写真=池之平昌信)拡大
市販車のシガーソケットに取り付けられるタイプの「サウンドレーサー」はこちら。エンジンの回転数に合わせて音が変化する仕組みで、軽自動車など小型車に取り付けるとより音と走りのギャップが楽しめる。価格は6048円(税込み)。詳しくは輸入販売元のキャンディータワーまで。

 

市販車のシガーソケットに取り付けられるタイプの「サウンドレーサー」はこちら。エンジンの回転数に合わせて音が変化する仕組みで、軽自動車など小型車に取り付けるとより音と走りのギャップが楽しめる。価格は6048円(税込み)。詳しくは輸入販売元のキャンディータワーまで。
	 
	拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208GTライン/208アリュール/e-208GTライン【海外試乗記】 2019.11.6 試乗記 フルモデルチェンジした“プジョーブランドの柱”「208」に試乗。ガソリンエンジン車に加えて電気自動車もそろえる2代目は、最新コンパクトカーの中でも特に注目すべき、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日本未導入の新型「208」などを先行展示 プジョーブランドの体感イベント開催 2019.10.18 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年10月18日、プジョーブランドの体感イベント「プジョーショー2019 -UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」(会期:2019年10月19日~26日)の開幕に先駆けてプレスカンファレンスを開催した。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
ホームへ戻る