第80回:フィアット帝国の光と影
世界を志向したドメスティック企業

2020.07.30 自動車ヒストリー 創立は1899年と、世界的に見ても長い歴史を持つ自動車メーカーのフィアット。文化的にも経済的にもイタリアを代表する企業だが、今日に至るその歩みは、常に世界を志向していた。歴史に翻弄(ほんろう)されながらも、したたかに成長を続けてきた足跡を振り返る。

世界第4位の自動車メーカーへ

2020年7月15日、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とプジョーS.A.(グループPSA)は、対等合併後の新たな企業グループが「STELLANTIS(ステランティス)」という名になることを発表した。2019年10月31日に経営統合に向けた協議を始めることで合意してから、順調に話し合いが進んでいるようだ。このまま進展すれば、フォルクスワーゲングループ、トヨタ、ルノー・日産・三菱アライアンスに次ぐ世界第4位の自動車グループが誕生することになる。

フィアットは、これまでにも世界的な自動車産業再編の動きに関わってきた。1990年代に経営状況が悪化し、2000年にゼネラルモーターズと提携する。しかし、成果を残すことはできずに2005年に関係解消。2004年に社長に就任したセルジオ・マルキオンネの手腕で少しずつ状況は改善し、2009年には反攻に出る。経営危機に陥っていたクライスラーに資本参加したのだ。クライスラーはダイムラーとの合併が失敗に終わった後、リーマンショックに端を発する世界金融危機に見舞われて経営破綻していた。

再建途上にあったフィアットが瀕死(ひんし)のクライスラーに手を差し伸べた形で、“弱者連合”を疑問視する声もあった。しかし、マルキオンネは剛腕で財務を好転させ、2014年にはクライスラーを完全子会社化。ロンドンに本社を置くFCAを発足させた。イタリア文化そのものであるフィアットがアメリカの会社と組むことには違和感を持たれそうだが、古くから両者には深い関係があった。初期のフィアットは、アメリカに人材を派遣して自動車文化を学び、効率的な生産方式を取り入れている。アメリカから技術を取り入れ、東ヨーロッパや中南米に製品を輸出するという戦略をとってきたのだ。

2018年にマルキオンネは病に倒れるが、フィアットは拡大路線を堅持。2019年春に提案したルノーとの経営統合は不発に終わったが、ターゲットを変更して半年後にはグループPSAとの話をまとめた。イタリア文化を体現する存在だったフィアットは、ヨーロッパ全域とアメリカを結ぶグローバルな企業に生まれ変わったのである。

FCAとグループPSAの合併により誕生する新グループは「ステランティス」という名称となる。ラテン語の「stello(ステロ)」にちなんだもので、「星たちとともに輝く」という意味だ。
FCAとグループPSAの合併により誕生する新グループは「ステランティス」という名称となる。ラテン語の「stello(ステロ)」にちなんだもので、「星たちとともに輝く」という意味だ。拡大
対等合併の契約書にサインし、握手を交わすFCAのマイク・マンリーCEO(右)と、グループPSAのカルロス・タバレス会長(左)(2019年12月18日)。両社は2019年10月末に合併交渉を開始。わずか1カ月半で合意に至った。
対等合併の契約書にサインし、握手を交わすFCAのマイク・マンリーCEO(右)と、グループPSAのカルロス・タバレス会長(左)(2019年12月18日)。両社は2019年10月末に合併交渉を開始。わずか1カ月半で合意に至った。拡大
米ミシガン州・オーバーンヒルズのクライスラー本社にて、FCAの発足に伴い、新たな看板が設置される様子。(2014年5月6日)
米ミシガン州・オーバーンヒルズのクライスラー本社にて、FCAの発足に伴い、新たな看板が設置される様子。(2014年5月6日)拡大
フィアットによるクライスラーの資産購入に際し、クライスラーの従業員を前に演説を行うフィアットのセルジオ・マルキオンネCEO。(2009年6月10日)。
フィアットによるクライスラーの資産購入に際し、クライスラーの従業員を前に演説を行うフィアットのセルジオ・マルキオンネCEO。(2009年6月10日)。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事