第72回:地の果てまで駆ける“陸の巡洋艦”
トヨタ・ランドクルーザー世界を行く

2020.04.09 自動車ヒストリー 高い耐久性と悪路走破性が認められ、世界各地で活躍している「トヨタ・ランドクルーザー」。このクロスカントリーモデルはどのような経緯で誕生し、世界中で受け入れられるに至ったのか? 累計1000万台という販売台数を誇る、“陸の巡洋艦”の歴史を振り返る。

警察予備隊車両のプロトタイプとして誕生

2014年、トヨタは「ランドクルーザー“70”シリーズ」を復活させ、期間限定で販売した。1984年の「70系」発売から、30年を迎えたことを記念したものである。70系は日本では2004年に販売が終了していたが、圧倒的な悪路走破性と耐久性に対する評価は高く、海外では基本設計を変えないまま販売が続けられていた。日本では“ナナマル”の愛称で親しまれ、復活を待望していたファンは多い。発売後わずか1カ月で約3600台もの受注を集めた。

ランドクルーザーは約180の国と地域で販売され、中近東やアフリカ、オーストラリアなどでは不動の人気を得ている。2019年にはランドクルーザーシリーズ(「プラド」や「レクサスLX」「GX」を含む)のグローバル累計販売台数が1000万台を超えた。都会を離れて砂漠や山岳地に近づくにつれ、ランドクルーザーの存在感は高まっていく。過酷な環境になればなるほど、ランドクルーザーの価値がはっきりと見えてくるのだ。

ランドクルーザーの歴史は1951年にさかのぼる。前年に朝鮮戦争が始まり、アメリカは日本の治安維持に兵力を割く余裕がなくなっていた。そこでGHQは、日本に対して警察予備隊(後の自衛隊)を組織するよう要請する。発足にあたっては活動用の装備を整えねばならない。山野での移動や輸送のためには四輪駆動車が必要で、米軍および発足直後の警察予備隊はトヨタ、日産、三菱の3社にプロトタイプをつくるよう求めた。

当時、日本の自動車産業は戦争の痛手から立ち直る途上にあった。製品が制式採用され大量の受注が約束されることは、経営の安定につながる。トヨタは1947年に発売していた「SB型トラック」をベースに、わずか5カ月で試作車を完成させた。搭載されたエンジンは戦前型のB型を改良したものである。当初は「トヨタ・ジープ」と呼ばれていたが、これはアメリカの軍用車「ジープ」が四輪駆動オフロード車の代名詞となっていたからである。

3社のプロトタイプは性能面では甲乙つけがたかったが、交換部品の納入で有利な「三菱ジープ」が警察予備隊車両として採用された。三菱はジープの商標権を持つウィリス社とライセンス契約を結んだため、トヨタはジープの名称を使うことができなくなる。代わって付けられた名前が「BJ型」だ。B型エンジンとジープ(JEEP)の頭文字を組み合わせた名称だった。

2014年8月に東京・メガウェブで行われた「ランドクルーザー“70”シリーズ」発表会の様子。バン(右)とピックアップトラック(左)の2種類が導入された。
2014年8月に東京・メガウェブで行われた「ランドクルーザー“70”シリーズ」発表会の様子。バン(右)とピックアップトラック(左)の2種類が導入された。拡大
UAEの漁村で使用される「40系ランドクルーザー」。高い耐久性と悪路走破性能が特徴のランドクルーザーは、世界各地で活躍している。
UAEの漁村で使用される「40系ランドクルーザー」。高い耐久性と悪路走破性能が特徴のランドクルーザーは、世界各地で活躍している。拡大
仕向け地に合わせて用意される豊富なバリエーションも「ランドクルーザー」の特徴だ。写真はコスタリカの農園で使用される「70系」のレギュラーキャブ ピックアップトラック。
仕向け地に合わせて用意される豊富なバリエーションも「ランドクルーザー」の特徴だ。写真はコスタリカの農園で使用される「70系」のレギュラーキャブ ピックアップトラック。拡大
「ランドクルーザー」の起源となった「BJ型四輪駆動トラック」。元は警察予備隊車両の試作車だった。
「ランドクルーザー」の起源となった「BJ型四輪駆動トラック」。元は警察予備隊車両の試作車だった。拡大
「BJ型」のライバルだった「三菱ジープ」。警察予備隊に制式採用されたものの、ライセンス契約による輸出規制が、後に三菱を苦しめることとなった。
「BJ型」のライバルだった「三菱ジープ」。警察予備隊に制式採用されたものの、ライセンス契約による輸出規制が、後に三菱を苦しめることとなった。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
ホームへ戻る