王者が席巻しダークホースが活躍! コロナ禍に揺れた2020年のF1を振り返る

2020.12.18 デイリーコラム

フェラーリの脱落にレッドブルの悪癖、そして……

新型コロナウイルスの感染者が出て、3月の開幕戦オーストラリアGPが急きょ中止。世界的感染拡大を受け予定されていた22戦のレースは次々と延期や中止に追い込まれ、7月のオーストリアGPから始まる新たなカレンダーが発表されたのは、6月2日のことだった。

こうして混乱のうちに始まったF1の2020年シーズンは、メルセデスが新記録となる7連覇を達成。ルイス・ハミルトンは最多勝ウィナーにまで上り詰め、ミハエル・シューマッハーの持つ史上最多7冠に並ぶという、またも“メルセデスイヤー”になった。シルバーからブラックに衣を変えたスリーポインテッドスターのチームは17戦して13勝、うちハミルトンが11勝とチャンピオンシップを席巻した。

これまで「3強」の一角をなしてきたフェラーリが脱落。2019年はポールポジション9回と3勝を記録したスクーデリアは、レギュレーション違反が疑われた強力なパワーユニットを巡りFIA(国際自動車連盟)と極秘裏に調査を進め、その結果を秘密にしたまま今季に突入した。すっかりパワーもスピードも失ったフェラーリは、2016年以来となる未勝利に終わったばかりか、コンストラクターズランキング6位という屈辱的なシーズンを送ることになった。

最終戦アブダビGPでメルセデスを倒し、今季2勝目を飾ったレッドブルは、シーズンのスタートダッシュにまたも失敗。終盤になってようやく調子を上げてきても時すでに遅し、という“悪癖”は今年も治らなかった。マックス・フェルスタッペンは、彼自身のベストタイとなる年間表彰台11回を記録。しかし優勝は昨年より1回減の2勝となり、リタイアは昨年の2回から5回に増え、取りこぼしも目立った。

今シーズン表彰台に上がったドライバーは13人いたが、このうち8レースはハミルトン、バルテリ・ボッタス、フェルスタッペンという3人の組み合わせ。フェルスタッペンがポディウムに上る時は必ずメルセデスの誰かと一緒だったことになり、そのほとんどでメルセデスに負けていたことになる。今季初Vを挙げた第5戦70周年記念GPでは、タイヤに苦しむシルバーアローに一矢報いたものの、次の勝利までに実に4カ月もの時間を要してしまった。

メルセデスは、開幕前に話題をさらった新技術「DAS」投入をはじめ、安定したレギュレーションの中でも攻めの姿勢を貫いた。第8戦イタリアGPからパワーユニットの予選モードが禁止されると、シーズン当初は1秒あることも珍しくなかった予選でのリードタイムはぐっと縮まったが、決勝になれば他の追随を許さなかった。

そしてハミルトンの完璧なドライビング、特に卓越したタイヤマネジメントが、僚友ボッタスとの違いを際立たせた。ボッタスはポールを5回取りながら、勝利につなげられたのは開幕戦オーストリアGPの1回のみ。メルセデスとハミルトンの来季の契約交渉はこれからとなるが残留は確実視されており、2021年、8冠という新たな記録樹立に期待がかかる。

ターボハイブリッド時代の黄金コンビ、ルイス・ハミルトン(写真左)と、メルセデスのトト・ウォルフ代表(同右)。メルセデスは17戦13勝で勝率76%という圧倒的な強さを誇り、うちハミルトンは1人だけで11勝を記録。チームは前人未到の7年連続タイトル獲得、ハミルトンはミハエル・シューマッハーの7冠に肩を並べ、史上最多勝ドライバーの座にもついた。(Photo=Mercedes)
ターボハイブリッド時代の黄金コンビ、ルイス・ハミルトン(写真左)と、メルセデスのトト・ウォルフ代表(同右)。メルセデスは17戦13勝で勝率76%という圧倒的な強さを誇り、うちハミルトンは1人だけで11勝を記録。チームは前人未到の7年連続タイトル獲得、ハミルトンはミハエル・シューマッハーの7冠に肩を並べ、史上最多勝ドライバーの座にもついた。(Photo=Mercedes)拡大
レッドブルは、マックス・フェルスタッペン(写真)が2勝を含む自身ベストタイとなる表彰台11回を記録するも、開幕からのスタートダッシュにまたしても失敗。開発シミュレーション数値とコース上での挙動が連動せず、原因究明に時間を要している間にメルセデスに逃げられた。最終戦では真っ向勝負でメルセデスを下したが、来季こそこの悪癖を解消できるか。アレクサンダー・アルボンは、ポディウム2回を含む入賞12回を記録。ただし来季残留を即断してもらえるほどのパフォーマンスではなかったようで、2021年のフェルスタッペンのチームメイトは現時点で未定。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
レッドブルは、マックス・フェルスタッペン(写真)が2勝を含む自身ベストタイとなる表彰台11回を記録するも、開幕からのスタートダッシュにまたしても失敗。開発シミュレーション数値とコース上での挙動が連動せず、原因究明に時間を要している間にメルセデスに逃げられた。最終戦では真っ向勝負でメルセデスを下したが、来季こそこの悪癖を解消できるか。アレクサンダー・アルボンは、ポディウム2回を含む入賞12回を記録。ただし来季残留を即断してもらえるほどのパフォーマンスではなかったようで、2021年のフェルスタッペンのチームメイトは現時点で未定。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
フェラーリは、最高2位を含む表彰台3回、コンストラクターズランキングは昨季の2位から6位に転落。今年、前人未到の1000戦目のメモリアルを迎えたが、その華々しい歴史の中でもひときわ厳しい一年を過ごした。セバスチャン・ベッテル(写真右)は、チームから来季の契約更新オファーをもらえず、すっかり心が折れてしまったか、終始精彩を欠き、13戦連続で予選Q3に進めず、ドライバーズランキングでもシャルル・ルクレール(同左)の8位に対し13位と沈んだ。ベッテルはマラネロとの6年間に終止符を打ち、来季は新生アストンマーティンへ。最終戦ではルクレールがベッテル仕様のヘルメットをつけ、これまでの功績にリスペクトを示した。(Photo=Ferrari)
フェラーリは、最高2位を含む表彰台3回、コンストラクターズランキングは昨季の2位から6位に転落。今年、前人未到の1000戦目のメモリアルを迎えたが、その華々しい歴史の中でもひときわ厳しい一年を過ごした。セバスチャン・ベッテル(写真右)は、チームから来季の契約更新オファーをもらえず、すっかり心が折れてしまったか、終始精彩を欠き、13戦連続で予選Q3に進めず、ドライバーズランキングでもシャルル・ルクレール(同左)の8位に対し13位と沈んだ。ベッテルはマラネロとの6年間に終止符を打ち、来季は新生アストンマーティンへ。最終戦ではルクレールがベッテル仕様のヘルメットをつけ、これまでの功績にリスペクトを示した。(Photo=Ferrari)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事