クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

王者が席巻しダークホースが活躍! コロナ禍に揺れた2020年のF1を振り返る

2020.12.18 デイリーコラム

フェラーリの脱落にレッドブルの悪癖、そして……

新型コロナウイルスの感染者が出て、3月の開幕戦オーストラリアGPが急きょ中止。世界的感染拡大を受け予定されていた22戦のレースは次々と延期や中止に追い込まれ、7月のオーストリアGPから始まる新たなカレンダーが発表されたのは、6月2日のことだった。

こうして混乱のうちに始まったF1の2020年シーズンは、メルセデスが新記録となる7連覇を達成。ルイス・ハミルトンは最多勝ウィナーにまで上り詰め、ミハエル・シューマッハーの持つ史上最多7冠に並ぶという、またも“メルセデスイヤー”になった。シルバーからブラックに衣を変えたスリーポインテッドスターのチームは17戦して13勝、うちハミルトンが11勝とチャンピオンシップを席巻した。

これまで「3強」の一角をなしてきたフェラーリが脱落。2019年はポールポジション9回と3勝を記録したスクーデリアは、レギュレーション違反が疑われた強力なパワーユニットを巡りFIA(国際自動車連盟)と極秘裏に調査を進め、その結果を秘密にしたまま今季に突入した。すっかりパワーもスピードも失ったフェラーリは、2016年以来となる未勝利に終わったばかりか、コンストラクターズランキング6位という屈辱的なシーズンを送ることになった。

最終戦アブダビGPでメルセデスを倒し、今季2勝目を飾ったレッドブルは、シーズンのスタートダッシュにまたも失敗。終盤になってようやく調子を上げてきても時すでに遅し、という“悪癖”は今年も治らなかった。マックス・フェルスタッペンは、彼自身のベストタイとなる年間表彰台11回を記録。しかし優勝は昨年より1回減の2勝となり、リタイアは昨年の2回から5回に増え、取りこぼしも目立った。

今シーズン表彰台に上がったドライバーは13人いたが、このうち8レースはハミルトン、バルテリ・ボッタス、フェルスタッペンという3人の組み合わせ。フェルスタッペンがポディウムに上る時は必ずメルセデスの誰かと一緒だったことになり、そのほとんどでメルセデスに負けていたことになる。今季初Vを挙げた第5戦70周年記念GPでは、タイヤに苦しむシルバーアローに一矢報いたものの、次の勝利までに実に4カ月もの時間を要してしまった。

メルセデスは、開幕前に話題をさらった新技術「DAS」投入をはじめ、安定したレギュレーションの中でも攻めの姿勢を貫いた。第8戦イタリアGPからパワーユニットの予選モードが禁止されると、シーズン当初は1秒あることも珍しくなかった予選でのリードタイムはぐっと縮まったが、決勝になれば他の追随を許さなかった。

そしてハミルトンの完璧なドライビング、特に卓越したタイヤマネジメントが、僚友ボッタスとの違いを際立たせた。ボッタスはポールを5回取りながら、勝利につなげられたのは開幕戦オーストリアGPの1回のみ。メルセデスとハミルトンの来季の契約交渉はこれからとなるが残留は確実視されており、2021年、8冠という新たな記録樹立に期待がかかる。

ターボハイブリッド時代の黄金コンビ、ルイス・ハミルトン(写真左)と、メルセデスのトト・ウォルフ代表(同右)。メルセデスは17戦13勝で勝率76%という圧倒的な強さを誇り、うちハミルトンは1人だけで11勝を記録。チームは前人未到の7年連続タイトル獲得、ハミルトンはミハエル・シューマッハーの7冠に肩を並べ、史上最多勝ドライバーの座にもついた。(Photo=Mercedes)
ターボハイブリッド時代の黄金コンビ、ルイス・ハミルトン(写真左)と、メルセデスのトト・ウォルフ代表(同右)。メルセデスは17戦13勝で勝率76%という圧倒的な強さを誇り、うちハミルトンは1人だけで11勝を記録。チームは前人未到の7年連続タイトル獲得、ハミルトンはミハエル・シューマッハーの7冠に肩を並べ、史上最多勝ドライバーの座にもついた。(Photo=Mercedes)拡大
レッドブルは、マックス・フェルスタッペン(写真)が2勝を含む自身ベストタイとなる表彰台11回を記録するも、開幕からのスタートダッシュにまたしても失敗。開発シミュレーション数値とコース上での挙動が連動せず、原因究明に時間を要している間にメルセデスに逃げられた。最終戦では真っ向勝負でメルセデスを下したが、来季こそこの悪癖を解消できるか。アレクサンダー・アルボンは、ポディウム2回を含む入賞12回を記録。ただし来季残留を即断してもらえるほどのパフォーマンスではなかったようで、2021年のフェルスタッペンのチームメイトは現時点で未定。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
レッドブルは、マックス・フェルスタッペン(写真)が2勝を含む自身ベストタイとなる表彰台11回を記録するも、開幕からのスタートダッシュにまたしても失敗。開発シミュレーション数値とコース上での挙動が連動せず、原因究明に時間を要している間にメルセデスに逃げられた。最終戦では真っ向勝負でメルセデスを下したが、来季こそこの悪癖を解消できるか。アレクサンダー・アルボンは、ポディウム2回を含む入賞12回を記録。ただし来季残留を即断してもらえるほどのパフォーマンスではなかったようで、2021年のフェルスタッペンのチームメイトは現時点で未定。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
フェラーリは、最高2位を含む表彰台3回、コンストラクターズランキングは昨季の2位から6位に転落。今年、前人未到の1000戦目のメモリアルを迎えたが、その華々しい歴史の中でもひときわ厳しい一年を過ごした。セバスチャン・ベッテル(写真右)は、チームから来季の契約更新オファーをもらえず、すっかり心が折れてしまったか、終始精彩を欠き、13戦連続で予選Q3に進めず、ドライバーズランキングでもシャルル・ルクレール(同左)の8位に対し13位と沈んだ。ベッテルはマラネロとの6年間に終止符を打ち、来季は新生アストンマーティンへ。最終戦ではルクレールがベッテル仕様のヘルメットをつけ、これまでの功績にリスペクトを示した。(Photo=Ferrari)
フェラーリは、最高2位を含む表彰台3回、コンストラクターズランキングは昨季の2位から6位に転落。今年、前人未到の1000戦目のメモリアルを迎えたが、その華々しい歴史の中でもひときわ厳しい一年を過ごした。セバスチャン・ベッテル(写真右)は、チームから来季の契約更新オファーをもらえず、すっかり心が折れてしまったか、終始精彩を欠き、13戦連続で予選Q3に進めず、ドライバーズランキングでもシャルル・ルクレール(同左)の8位に対し13位と沈んだ。ベッテルはマラネロとの6年間に終止符を打ち、来季は新生アストンマーティンへ。最終戦ではルクレールがベッテル仕様のヘルメットをつけ、これまでの功績にリスペクトを示した。(Photo=Ferrari)拡大

激戦の中団勢で話題をさらった“ピンク・メルセデス”

メルセデスにレッドブル、トップ2はあっさりと決まったものの、コンストラクターズランキング3位争いは最終戦までもつれ込む激戦となった。

開幕戦でランド・ノリスが3位となり順調なスタートを切ったマクラーレンや、シーズン中盤の第7戦ベルギーGPから盛り返したルノーといった実力派チームと渡り合ったのが、2020年のダークホース、レーシングポイントだった。

2019年型「メルセデスW10」の外見を細部にわたり研究し、“ピンク・メルセデス”とまで言われるほど前年のチャンピオンカーにソックリな「レーシングポイントRP20」をデビューさせ、シーズン前から物議を醸した。その後ブレーキダクトのスポーティングレギュレーション違反を取られ、コンストラクターズポイント15点剝奪と40万ユーロ(約5000万円)の罰金というペナルティーを受けたが、以降もマシン自体は出走を許された。

総合力はメルセデスやレッドブルに遠く及ばなかったものの、速さでは中団勢でトップクラスの実力をみせ、雨と滑りやすい路面で荒れた第14戦トルコGPではランス・ストロールが初ポール。また第16戦サキールGPでは、セルジオ・ペレスが劇的初優勝を飾るなど、予想外の活躍をみせた。

サキールGPでの1-3フィニッシュで頭ひとつ抜け出すことができたレーシングポイント。しかし、ランキング3位で迎えた最終戦ではまさかの1点追加にとどまり、5-6位で得点を稼いだマクラーレンに逆転を許し4位でシーズンを終えることとなった。3位マクラーレンとの差は7点。ペナルティーで15点を没収されなければ、また別の結末となったのだが……。

2018年に財政難に陥っていたフォースインディアを破産させ、レーシングポイント設立に尽力したペレスは、契約期間中にもかかわらず非情にもクビを言い渡された。来季は、フェラーリでの不遇のシーズンを終えたセバスチャン・ベッテルが加入し、チーム名を「アストンマーティン」に改めての再スタート。2021年も何かと話題を提供してくれるに違いない。

2020年のダークホース、レーシングポイント。王者メルセデスの前年度のマシンをまるでコピーしたかのような「RP20」をデビューさせ物議を醸した。外見上のインパクトもさることながら、コース上での速さも持ち合わせており、ポール1回、優勝1回、表彰台は4回を数えた。最終戦でマクラーレンに逆転され惜しくもコンストラクターズランキング4位(195点)で終わるも、昨季の7位(73点)からは大躍進を遂げた。来季はアストンマーティンに名前を変え、セルジオ・ペレスに代わりセバスチャン・ベッテルがステアリングを握ることになる。(Photo=Racing Point)
2020年のダークホース、レーシングポイント。王者メルセデスの前年度のマシンをまるでコピーしたかのような「RP20」をデビューさせ物議を醸した。外見上のインパクトもさることながら、コース上での速さも持ち合わせており、ポール1回、優勝1回、表彰台は4回を数えた。最終戦でマクラーレンに逆転され惜しくもコンストラクターズランキング4位(195点)で終わるも、昨季の7位(73点)からは大躍進を遂げた。来季はアストンマーティンに名前を変え、セルジオ・ペレスに代わりセバスチャン・ベッテルがステアリングを握ることになる。(Photo=Racing Point)拡大
シーズンを通じてレーシングポイントやルノーと火花を散らしたマクラーレンは、最終戦アブダビGPでの2台そろっての入賞でレーシングポイントを抜き、見事ランキング3位の座を勝ち取った。中団勢でマシンは最速とは言い難かったが、21歳のランド・ノリス(写真前)と26歳のカルロス・サインツJr.(同後ろ)という、互いに拮抗(きっこう)した若い力でコンスタントにポイントを稼いだのが勝因だった。2021年は、かつてともに栄冠を勝ち取ったメルセデスと再びタッグを組み、「マクラーレン・メルセデス」が復活。フェラーリに移籍するサインツJr.に代わり、ルノーからダニエル・リカルドを招き入れる。(Photo=McLaren)
シーズンを通じてレーシングポイントやルノーと火花を散らしたマクラーレンは、最終戦アブダビGPでの2台そろっての入賞でレーシングポイントを抜き、見事ランキング3位の座を勝ち取った。中団勢でマシンは最速とは言い難かったが、21歳のランド・ノリス(写真前)と26歳のカルロス・サインツJr.(同後ろ)という、互いに拮抗(きっこう)した若い力でコンスタントにポイントを稼いだのが勝因だった。2021年は、かつてともに栄冠を勝ち取ったメルセデスと再びタッグを組み、「マクラーレン・メルセデス」が復活。フェラーリに移籍するサインツJr.に代わり、ルノーからダニエル・リカルドを招き入れる。(Photo=McLaren)拡大
2020年は実に13人ものドライバーが表彰台に上がり、5人のウィナーが誕生したが、イタリアGPでのピエール・ガスリー(写真)の初優勝には誰もが驚いたことだろう。アルファタウリ(旧トロロッソ)とホンダが手を組んで50戦目のメモリアルレースでの快挙。ホンダとしては昨季と同じシーズン3勝を記録することとなった。わずかのタイム差で順位が大きく変わる中団勢にあって、アルファタウリは107点を獲得しコンストラクターズランキング7位。昨季より順位はひとつダウンしたが、点数は22点増しとなった。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
2020年は実に13人ものドライバーが表彰台に上がり、5人のウィナーが誕生したが、イタリアGPでのピエール・ガスリー(写真)の初優勝には誰もが驚いたことだろう。アルファタウリ(旧トロロッソ)とホンダが手を組んで50戦目のメモリアルレースでの快挙。ホンダとしては昨季と同じシーズン3勝を記録することとなった。わずかのタイム差で順位が大きく変わる中団勢にあって、アルファタウリは107点を獲得しコンストラクターズランキング7位。昨季より順位はひとつダウンしたが、点数は22点増しとなった。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大

個性豊かなサーキットの発見、70周年の偉業

「短い期間の、とても長いシーズンだった」と2020年を締めくくったのはフェルスタッペン。今年は161日間という極めて短い間に17戦を詰め込み、悪名高き3連戦が4回もあるという過密なスケジュールが組まれた。かように多忙なチャンピオンシップにあって大きな収穫となったのは、個性豊かなサーキットの再発見だった。

第9戦トスカーナGPの行われたムジェッロ、第12戦ポルトガルGPのアルガルベといったF1初開催コースに加え、第11戦アイフェルGPのニュルブルクリンク、第13戦エミリア・ロマーニャGPのイモラ、第14戦トルコGPのイスタンブール・パークと、興行的な折り合いがつかずF1が開催されなくなった名コースが一時的に復活し、懐かしさを覚えたオールドファンも多かったはずだ。

近年のF1のコースのほとんどは、サーキットデザイナーであるヘルマン・ティルケが手がけてきた。オーバーテイクがしやすく、エンターテインメント性を重視した“ティルケ・サーキット”は、「幅広いコース」「長いストレート」「タイトでヘビーブレーキングが必要なターン」「高速で駆け抜けるS字」など共通した特性を持ち合わせていた。つまり、どこかみな似ているのである。

感染リスクの観点から、今年はヨーロッパを中心としたカレンダーとなったことで、自然の地形を生かした古きよきサーキットが主戦場となった。道幅は狭く、コースを飛び出せば即グラベル。丘を上っては下るローラーコースターのようなレイアウト。ささいなミスも許されないオールドコースの魅力を、ドライバーもファンも大いに堪能することができた。

そしてわれわれは、F1の素晴らしさをもうひとつ発見した。全人類が直面した感染症という難題への、対応力の高さである。国ごとに異なる各種規制をクリアしながら、人的接触を最小限にとどめ、関係者全員に定期的な検査を義務づけた結果、一部に感染者は出たものの、クラスターの発生など大きな問題は起こらなかった。このことは、F1が世界に誇るべき偉業と言っていいだろう。

1950年に始まったF1にとっての70周年のメモリアルイヤーは、当初思い描いていたようなかたちではなかったかもしれないが、ほぼ完璧なオーガナイズで困難を乗り越え、無事に幕を降ろすことができた。コース内外で激闘を続けた百戦錬磨の現場関係者は、「これで家に帰れる」と今ごろ安堵(あんど)していることだろう。2021年の開幕まで3カ月余りしかないということは、いったん忘れて……。

来季は史上最多23戦が予定されているものの、今後のウイルスの感染状況によっては変更を余儀なくされるかもしれない。とはいえ、今年を乗り越えたF1なら、何が起きても必ずクリアしてくれるだろう。

(文=柄谷悠人)

フェラーリがオーナーのムジェッロでは、フェラーリ1000戦目を記念したトスカーナGPが開かれた。F1初開催となった同コースは、起伏に富んだ風光明媚(めいび)な丘陵地につくられており、ダイナミックな複合コーナーなどを持ち合わせた、タフでトリッキーなサーキットとしてドライバーにも好評だった。アレクサンダー・アルボン(写真)は、ここで自身初表彰台となる3位でゴールした。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
フェラーリがオーナーのムジェッロでは、フェラーリ1000戦目を記念したトスカーナGPが開かれた。F1初開催となった同コースは、起伏に富んだ風光明媚(めいび)な丘陵地につくられており、ダイナミックな複合コーナーなどを持ち合わせた、タフでトリッキーなサーキットとしてドライバーにも好評だった。アレクサンダー・アルボン(写真)は、ここで自身初表彰台となる3位でゴールした。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
バーレーンGPでのオープニングラップでは、ロメ・グロジャン(写真)のハースが大炎上する事故が起き、ドライバーやチーム関係者、ファンは大きな衝撃を受けた。ガードレールに衝突したマシンは真っ二つに分かれ、コックピットにおさまったままのグロジャンは30秒近く炎に包まれたが何とか自力で脱出、手のやけど程度で済んだのは不幸中の幸い。ガードレールからグロジャンの頭部を守った「ヘイロー」の効果が証明された。2009年ヨーロッパGPでデビューしたグロジャンは、F1キャリアの最後の2戦を欠場せざるを得なかった。来季のハースには、ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンという2人の新人が乗る。(Photo=Haas)
バーレーンGPでのオープニングラップでは、ロメ・グロジャン(写真)のハースが大炎上する事故が起き、ドライバーやチーム関係者、ファンは大きな衝撃を受けた。ガードレールに衝突したマシンは真っ二つに分かれ、コックピットにおさまったままのグロジャンは30秒近く炎に包まれたが何とか自力で脱出、手のやけど程度で済んだのは不幸中の幸い。ガードレールからグロジャンの頭部を守った「ヘイロー」の効果が証明された。2009年ヨーロッパGPでデビューしたグロジャンは、F1キャリアの最後の2戦を欠場せざるを得なかった。来季のハースには、ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンという2人の新人が乗る。(Photo=Haas)拡大
12月16日、角田裕毅(写真)が2021年シーズンにアルファタウリからF1デビューすることが正式に発表された。レッドブルとホンダのジュニアドライバーである角田は、F2選手権で今季ランキング3位となり、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを手にすることができた。ホンダ参戦最後の2021年、小林可夢偉以来となる7年ぶりの日本人F1ドライバー誕生となる。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)
12月16日、角田裕毅(写真)が2021年シーズンにアルファタウリからF1デビューすることが正式に発表された。レッドブルとホンダのジュニアドライバーである角田は、F2選手権で今季ランキング3位となり、F1参戦に必要なスーパーライセンスポイントを手にすることができた。ホンダ参戦最後の2021年、小林可夢偉以来となる7年ぶりの日本人F1ドライバー誕生となる。(Photo=Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。