第658回:いま買って満足できるお得な輸入Cセグメント中古車5選

2021.10.04 エディターから一言
国産Bセグメントの新車と変わらない予算で、いま買ってお得に楽しめる輸入ブランドのCセグメント中古車とは? 中古車事情に詳しいプロが旬の5台を紹介する。(画像はイメージ)
国産Bセグメントの新車と変わらない予算で、いま買ってお得に楽しめる輸入ブランドのCセグメント中古車とは? 中古車事情に詳しいプロが旬の5台を紹介する。(画像はイメージ)拡大

もしも新車で国産Bセグメントモデルの購入を検討するのであれば、その予算で輸入Cセグメントの中古車が余裕で狙える。ブランドに歴史や伝統があり、特徴あるデザインや走りが楽しめる個性派が輸入車には勢ぞろい。いま買ってお得に楽しめるCセグ中古車を5台紹介する。

Eセグメントモデルの代表ともいえる「メルセデス・ベンツEクラス」の車両本体価格は、 セダンが793万円から1298万円、ステーションワゴンが835万円から1328万円。プレミアムブランドの新車はやはり、庶民には高根の花である。
Eセグメントモデルの代表ともいえる「メルセデス・ベンツEクラス」の車両本体価格は、 セダンが793万円から1298万円、ステーションワゴンが835万円から1328万円。プレミアムブランドの新車はやはり、庶民には高根の花である。拡大
「トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ」の車両本体価格は258万4000円(FF車)。写真のボディーカラー「ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン」は有償色で、これにステアリングヒーターやアクセサリーコンセントを……などとオプションを追加していくと、あっという間に価格は300万円を超えてしまう。
「トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ」の車両本体価格は258万4000円(FF車)。写真のボディーカラー「ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン」は有償色で、これにステアリングヒーターやアクセサリーコンセントを……などとオプションを追加していくと、あっという間に価格は300万円を超えてしまう。拡大
写真はメルセデス・ベンツの認定中古車センター。低金利ローンや残価設定ローン、車両の延長保証など、正規ディーラーはさまざまなキャンペーンを行っているので、お得に愛車を購入するためにもこまめなチェックが肝要だ。
写真はメルセデス・ベンツの認定中古車センター。低金利ローンや残価設定ローン、車両の延長保証など、正規ディーラーはさまざまなキャンペーンを行っているので、お得に愛車を購入するためにもこまめなチェックが肝要だ。拡大

注目すべきは新しめの中古車

自動車メディアにはしばしば、それまで1100万円ぐらいの価格であった車種の新型車が900万円ぐらいに設定された際、「今度の○×△はリーズナブルだ!」的なフレーズを用いた記事が出てくる。

この場合の900万円という価格が、英語で言うReasonable(Expensiveのひとつ下。「それほど高くない」「まあまあの」との意)であることを、頭では理解できる。だが、あくまで筆者個人の胸の内には「900万円か……買えねえな」という絶望と、「900万円がリーズナブルってどういう了見だよバカヤロー!」との感情が渦巻くことになる。

新車価格が900万円というと、おおむねEセグメントぐらいの輸入車が当てはまると思うが、筆者のごときド庶民が狙える輸入車といえば、“Dセグメントの中古車”か“Cセグメントの新車”あたりが現実的な線となろう。

さらに、Cセグのなかでも新車ではなく「新しめの中古車」でよしとするならば、庶民にとっての現実度はグググッと増す。具体的には「トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッド」の新車をフルオプションで買うのとほぼ似たような予算感で、新車の香りが残っていそうな走行1万km台ぐらいの輸入Cセグがイケてしまうのである。

いま買ってお得に満足できる輸入Cセグモデルの中古車といえば、まずはなんといっても現行型「メルセデス・ベンツAクラス」であろうか。

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日産ノートAUTECHクロスオーバー/ノートAUTECHクロスオーバーFOUR【試乗記】 2021.10.7 試乗記 新型「日産ノート」の登場に合わせ、そのドレスアップバージョンを世に問うたオーテック。続くSUVライクな派生モデル「ノートAUTECHクロスオーバー」とはどんなクルマなのか? テストコースでFF車と4WD車に試乗した。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
ホームへ戻る