クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

あの多田哲哉のクルマQ&A

多田 哲哉

多田 哲哉

1957年生まれの自動車エンジニア。大学卒業後、コンピューターシステム開発のベンチャー企業を立ち上げた後、トヨタ自動車に入社(1987年)。ABSやWRカーのシャシー制御システム開発を経て、「bB」「パッソ」「ラクティス」の初代モデルなどを開発した。2011年には製品企画本部ZRチーフエンジニアに就任。富士重工業(現スバル)との共同開発でFRスポーツカー「86」を、BMWとの共同開発で「GRスープラ」を世に送り出した。トヨタ社内で最高ランクの運転資格を持つなど、ドライビングの腕前でも知られる。2021年1月に退職。

  • 2023.1.16 あの多田哲哉のクルマQ&A 多田 哲哉

    EVでもクルマの個性は出せるのか?

    メーカー・ブランドは違えど、電気自動車はなんだかどれも似ているような……? これからますます普及が進むなかで、ブランドの個性や自動車メーカーとしての強みを出すことは可能でしょうか? 自動車開発のプロはこう考えます。

  • 2022.12.22 あの多田哲哉のクルマQ&A 多田 哲哉

    ディーゼルのスポーツカーが出てこないのはどうしてか?

    自動車開発に長年たずさわってきた多田哲哉さんが、クルマに関するさまざまな疑問・質問に答える新コーナー「あの多田哲哉のクルマQ&A」。その第1回は、「ディーゼルエンジン」と「スポーツカー」の関係について。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。