コロナ禍なんて吹き飛ばせ! 2020年下半期のニューモデルを予想する

2020.06.15 デイリーコラム

注目車種がめじろ押しのトヨタ

“コロナ禍”にすっかり振り回された2020年も、気がつけば前半戦の最後となる6月に突入。ここらで、今年後半に登場するだろう新型車の情報をまとめてみたいと思う。

トヨタで言えば、注目はやはり「GRヤリス」だ。すでに限定車「ファーストエディション」の先行予約は始まっているが、本格的な発売は9月になるとアナウンスされた。また、最高出力272PS(200kW)の1.6リッターターボ車「RZ」だけでなく、120PS(88kW)の1.5リッター+CVTのFFモデル「RS」、そして競技ベース車となる1.6リッターターボの「RC」が用意されていることも判明した。ちなみに、ウェブ先行予約となる限定モデルの注文は、2020年6月30日までとか。

また、秋に投入が予告されているのが「ヤリスクロス」だ。「ヤリス」と同じコンパクトカー用の「GA-B」プラットフォームをベースにしたクロスオーバーSUVで、1.5リッターガソリンエンジンと、同エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドの2つのパワートレインを用意。「ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ」のヒットもあるように、コンパクトSUVは今最も注目度の高いジャンル。ヤリスクロスも、ベストセラーカーとなる可能性大と言えるだろう。

このほかにも、2019年の東京モーターショーでトヨタは、2つのモデルの市場導入を予告している。燃料電池車である「MIRAI(ミライ)」の次期型と、軽自動車規格よりも小さな超小型電気自動車(EV)だ。超小型EVは2020年冬、ミライは2020年末だという。どちらが先に登場するかは微妙だが、年明けには2モデルがそろって話題となることだろう。

東京オートサロン2020の会場より、コンパクトスポーツの「GRヤリス」。
東京オートサロン2020の会場より、コンパクトスポーツの「GRヤリス」。拡大
早くも話題沸騰中の「トヨタ・ヤリスクロス」。
早くも話題沸騰中の「トヨタ・ヤリスクロス」。拡大
東京モーターショー2019の会場より、次期型「ミライ」を示唆する「ミライ コンセプト」。
東京モーターショー2019の会場より、次期型「ミライ」を示唆する「ミライ コンセプト」。拡大
同じく東京モーターショー2019にトヨタが出展した、超小型EVのコンセプトモデル。
同じく東京モーターショー2019にトヨタが出展した、超小型EVのコンセプトモデル。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事