第217回:外出できないこんなときは家でじっくり映画を観よう!

2020.04.24 読んでますカー、観てますカー

フォード・フェラーリ対決のドキュメンタリー

ついに映画館が全国的に閉鎖されてしまった。再開はいつになるか見当もつかない。またDVDを紹介しようかと思ったが、今はもっと簡単に映画を観る方法がある。配信サービスだ。今回は、Amazonプライムからクルマ関連の作品を選んでみた。総合オンラインストアAmazonの有料会員サービスで、書籍や家電などの送料が無料になるなどの特典がある。映画好きにうれしいのは、配信されている一部の作品の視聴が無料になることだ。新旧映画やテレビドラマなどのほかに、Amazonのオリジナル作品もある。

まずオススメするのは、『24時間戦争』。ルマン24時間レースでのフォードとフェラーリの戦いを描いたドキュメンタリーである。今年1月に公開された『フォードvsフェラーリ』はよくできた映画だったが、ドラマティックな展開にするための過剰な演出もあった。実際はどうだったのかを確かめておいたほうがいいだろう。

『24時間戦争』は、フォードとフェラーリの成り立ちから説明する。「T型フォード」がずばぬけて画期的なモデルであったこと、フォード式生産方式が資本主義の発展にとって重要な意味を持っていたこと。そして、アルファ・ロメオでレーシング部門を担っていたエンツォ・フェラーリが独立してレース界を席巻したことなどを、歴史的な画像を用いて描くのだ。クルマに詳しくなくても、これで両社がまったく異なる方向性の企業であることが理解できる。

その上で、買収騒動から「フォードGT40」の開発に至る経緯と裏側の駆け引きが明らかにされる。関係者の証言を積み重ねていく手法だ。豪華なメンバーが元気な姿を見せる。フォード家からはエドセル・フォード2世とヘンリー・フォード3世、フェラーリ家からはピエロ・フェラーリが登場。ドライバーのダン・ガーニー、マリオ・アンドレッティ、ボブ・ボンデュラント、エンジニアのマウロ・フォルギエリらが裏話を披露する。

当時の映像もふんだんに使われている。キャロル・シェルビー、フィル・ヒル、リッチー・ギンサーなどが証言する姿は貴重。もちろん、レース映像も充実している。有料ながら『フォードvsフェラーリ』も配信されているので、比べて違いを検証するのもいい。

『24時間戦争』
『24時間戦争』
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事